ここから本文です

日本映画「最後の忠臣蔵」は実話でしょうか?

アバター

ID非公開さん

2018/12/1418:51:12

日本映画「最後の忠臣蔵」は実話でしょうか?

閲覧数:
150
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2018/12/1419:32:59

物語の主要人物、瀬尾孫左衛門(役所広司)と寺坂吉右衛門(佐藤浩市)は実在の人物ですが、もう一人の主要人物、可音(桜庭ななみ)は存在が確認されていません。大石の地位などからすれば、正妻以外の女性が子供を産んでいてもおかしくないのですが、そのような子供たちの詳しい記録はないと思われます。

映画の原作は池宮彰一郎の小説「四十七人目の浪士」ですが、こちらは脱盟した寺坂が主人公となり、かつての赤穂藩士や家族、遺族たちを恥を忍んで訪ねていく、という内容の連作です。もしかしたらこの中には本当にあった話をもとにしているものもあるかもしれません。2004年にNHKがテレビドラマ化しています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる