ID非公開

2018/12/15 19:03

66回答

町内会への加入は必須でしょうか?

町内会への加入は必須でしょうか? 来年、岐阜県の山寄りの方へ、30代の私女1人で 一軒家に引越しをします。 町内会に、入らなくてもよければ、入りたくないなと思ってしまうのですが、 年配の知り合いの方には、1人だからこそ入った方がいいんじゃない?と言われたりします。 実際に、入っていない単身者って、けっこういますか?いませんか? よろしくお願いします。

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

同世代がいない場合危険性が高いですね。 老人の相手、使いパシリをされる可能性も高く。 田舎は会費も都市部より高額で、かつ寄付なども多数ありますね。 自分の時間もなくなります。 特に若い女性が少ないので、好奇の目で見られたり、不快なことに遭う可能性もないとは言えないです。 セクハラまで行かないにしても、行事が盛んな田舎では、コンパニオン扱いされたり、場を盛り上げる花とされるでしょう。 なんで行事に出てこないんだと文句を言われるかもしれません。 田舎に住む理由にもよりますが、地元民と交流したいという理由がないのであれば加入しないことをおすすめします。 最初が肝心です。ズルズルと思うように引き込まれてしまい、気が付いたときには遅しとなりますね。 傷は小さいうちのほうがいいのです。後になってもめるよりも、最初から距離を置くのがよいでしょう。 単身者だからこそ入るとたいへんですよ。 なぜなら、田舎の自治会って、家から一人を必ず出しなさいというのが多いですね。 大家族ならだれかが行けばいいですが、一人であれば、毎回行かないといけない。 不公平感や負担感を感じます。 そもそも田舎の自治会のシステムは大家族前提にできています。 単身者にはなじまないものばかりです。 さらに言えば、過疎化で人口や世帯が減っているのに、昔のままで行事を減らしたりしないので、負担感がただでさえ強くなっているのです。 自治会などの地縁団体は、法的には加入義務のない任意団体で、趣旨に賛同した場合に加入することになっているからです。 人はどんな会に入るかを決める権利があり、それを侵せば人格権の侵害という不法行為になり、慰謝料請求が可能です。 入会するかどうかは個人に決定権があり、周囲の状況はなんらの影響を与えないことになっています。 白眼視されるのはいやだから入るというのもまた、ご自身で決定されたということになりますが。 天秤にかけて何を重視するのかを基準に決めたらよいでしょう。

その他の回答(5件)

0

そんなのここで答えが出るものではありません。任意団体とか馬鹿の一つ覚えの回答があるけど、仲良しグループではありません。多くの自治体では区長など役職者には報酬が出ています。自治体と地域の連絡役として自治体認定の組織です。 その町内会がどの程度のものなのかわからないと答えようがないです。

2

入らない方がいい。ってゆうより、町内会なんて、任意団体なので、嫌なら入らなくていい団体。入りたい人が入ればいいだけ。入らない方が自由に暮らせて、気も楽。入ると、気が重くなり、億劫に感じる。入らないのが、超オススメ。会費払って、掃除させられる、意味不明な団体。ゴミ出しは、市役所が税金使って回収してるだけなので、町内会はカラス用のネット掛けてるだけ。町内会なんて、なくなったほうがいい。

2人がナイス!しています

上の人みたいに、任意団体のくせに、偉そうな事言う、勘違い団体なので、入らないほうがいい訳です。まさに、全然わかってない、典型的な人。みんなで、町内会に入らないように頑張りましょう。

0

その町内会の役割を確かめてみては? たとえばうちの場合は ・ゴミ出しというかごみステーションの管理(市はあくまで町会で設置したステーションに収集にきてくれるだけ) ・災害時の備蓄品の分配先 が成人では当てはまります。 あと町会費によって、側溝のどろや落ち葉などの廃棄物の処分費もまかなっています。

0

町内会に入る、入らないは自由だと思うが、地域の慣習にならえば、村八分覚悟で。 岐阜と言う地域は、結がある古民家集落に見る共同の助け合いを原則とする地域で 仮に加入したとして、その地域に周知されるか否かは主の地域の行事に元から居住する住民に認知されるかどうかだ。差別は何処にもあるが、夫地元民でも妻がその地域に認知されるかどうかは、主の人間性が認められるか地域住民の判断に依る。 岐阜に結婚して移住した我が妹は、実家に認められず精神を病んで愛知のある地域に 息子と移り住んだ事実がある。閉鎖的で新参者に対して厳しい評価をする県の住民感情は如何なものか?と関東に住む私は、疑念の想いがある県民思考は?です。 出来れば、移住を成功させる為には、町内会加入は必須事項と思う。