ここから本文です

よくスナイパーライフルなどの弾道の画像でこのような画像を目にします。ライフル...

fnd********さん

2018/12/1801:13:53

よくスナイパーライフルなどの弾道の画像でこのような画像を目にします。ライフルは射程が長いので、照準を1度飛び越え、弾が落ちて再び交わるところで着弾、という理論は納得がいくのですが、射程が短いハンドガン

なども、照準を飛び越し弾が落ちてきた所で着弾、という風になっているのでしょうか?それともライフルとは違う照準の合わせ方になっているのですか?

照準,短いハンドガン,着弾,射程,スナイパーライフル,POI1,POI2

閲覧数:
24
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

spe********さん

2018/12/1801:33:18

原理は同じですが、初速が遅く弾頭が重いため最初の交わり(POI1)と二個目の交わり(POI2)の距離がライフルより近いです。

拳銃の種類、弾薬によって違いますが、M&Pと言う拳銃の記事ではPOI1が25ヤード、POI2が50から70ヤードだったとしています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる