ここから本文です

羽生善治は読売の編集局文化部長の傲慢さに嫌気がさして第6局からやる気をなくし...

アバター

ID非公開さん

2018/12/2120:30:31

羽生善治は読売の編集局文化部長の傲慢さに嫌気がさして第6局からやる気をなくして竜王以外で100期を取りたいと漏らしていたのは本当でしょうか?野村証券も読売の編集局文化部長に怒っている?

閲覧数:
1,715
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sid********さん

2018/12/2121:41:58

いくらなんでもそれはないと思いますよ。
それに賞金が 勝者と敗者で2500万円以上開きがありますから。
また プロ棋士のレーティングでも
(以下敬称略)
羽生の上に 広瀬、渡辺(明) 豊島 永瀬 藤井(聡) 佐藤(天)といるので
今後タイトルを取れる保証はありません。
現在のA級順位戦でも 直接対決を残しているとはいえ豊島二冠が絶好調で全勝で走っており(羽生は1敗)で名人挑戦者には険しいですね。

竜王戦最終局
昨日の1日目の終了時点では 形勢は羽生若干有利と思っていたのですが
今日の14時ごろには急に悪くなっていましたね。
(テレビでは ひふみんが 互角とか優劣不明とか言っていましたが
あれは遠慮だと思います)

仕事をしながらリアルで見ていて思いましたが
個人的には
後手の74手目(△2八成香)が疑問手だったかなと
成香が終盤の寄せに働くとは思えないのに わざわざ 手順で先手の飛車を6筋に追って反撃の可能性を与える必要はなかったんじゃないかと?
先手の4五の桂を払うなら △2五馬と引いて金取りを受けさせながら 3四の地を守っておけば(次に△4四歩として桂馬を取りに行くときに 馬を5二に引いて守る手も残ります)
飛車を3筋に残しておいても先手にそんなに厳しい反撃はなかったのでは?と思います。

あと先手の95手目(▲7四角成)が良い手だったと。
単に二枚替えをするのではなく馬を作って4七の金を守る形しておけば
先手が5六の銀を捌いて銀交換にしても 後手の△5八銀の反撃が怖くなくなります。

この2つで形勢が一気に傾いた感じがしますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「羽生善治」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bak********さん

2018/12/2406:43:47

釣りなんだろうけど、個人が特定できるのを、こういうところで嘘を書いたら名誉毀損が成立すんぞ。

gai********さん

2018/12/2208:27:01

単に弱いから負けただけですよ

hir********さん

2018/12/2121:13:16

そんなデマいったい誰が言ったのかな?どこで、どのように知ったのかな?
ありもしない事を、あたかも誰かが言ったとか、どこかの記事に載ってたとか、自分は言ってないと安全圏に身を置き、、いったい何が狙いか?知らないが、、誠にくだらなく愚かしい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる