ここから本文です

落ち(サゲ)のない落語は落語とは言えないでしょうか。

mae********さん

2018/12/2317:38:03

落ち(サゲ)のない落語は落語とは言えないでしょうか。

閲覧数:
116
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

n12********さん

2018/12/3005:20:48

落語の発祥を考えると落ち(サゲ)のある話芸となるのでしょうね。今でも多くの落語はマクラとサゲがありますので、落語の典型はサゲのある話芸で良いと思います。

ただ歴史的な経緯の中で専門職としての噺家が、しのぎを削る多くの寄席が現れて競争原理の中で切磋琢磨して落語の幅や奥行きが広がっていきました。必ずしも笑いを求める落語だけではなくて、人情噺や芝居噺が生まれて本来の落語が滑稽噺と呼ばれるようになり、そして新作落語と呼ばれる落語が生まれて、現在の落語は多様です。

強いて落語を定義すれば、「落語家が高座で演じる話芸」となるかもしれません。同じような内容でも落語家以外が背広を着て喋れば漫談になったり朗読になるようなモノも、落語家が羽織を着て高座で演じれば落語です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

uma********さん

2018/12/2317:53:34

オチがあってもやらないケースもあるからね、落語とは言えます。

lik********さん

2018/12/2318:21:19

上方落語はオチがないものが多く一時期廃れました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yan********さん

2018/12/2318:45:06

『落ち』のない落語ってかなりありますよ。

特に怪談噺、人情噺に多いですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

dou********さん

2018/12/2408:51:58

いえ、人情噺等はオチが無い物も普通にあるのでそんな事はないです。

mab********さん

2018/12/2800:19:02

桂米朝の定義によれば、「落語とは言えない」となるのですが、個人的にはそんなこともないかと思います。

米朝は、「落語と私」などで、落語(落とし話)と人情話を、話の内容ではなく落ちの有無で区別しており、両者ともに会話中心で話が進行するが、落ちがあるのが落語で、無いのを人情話とし、笑いの有無は定義のうえで問題にしていません。
ですから、例えば「弱法師」は、話の内容からすると所謂「人情話」っぽいですが、落ちがあるので、立派な落語だと言っています。

しかし、その理屈で言えば、例えば米朝一門の「らくだ」は、焼き場に向けて出発するところで終わっているので、「落語ではない」ということになってしまいますし、「昆陽の御池」も昔は落語だったが、今では落語ではないということになるかと思います。
それはあまりに不自然なので、会話中心で話が進行している場合は、「落語」ということで良いのではないかと、個人的には思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる