ここから本文です

「竹中半兵衛」「黒田官兵衛」は、なぜ「竹中重治」「黒田孝高」という諱より通称...

アバター

ID非公開さん

2018/12/2409:56:15

「竹中半兵衛」「黒田官兵衛」は、なぜ「竹中重治」「黒田孝高」という諱より通称の方が有名なのでしょうか?

逆に「黒田長政」が「黒田吉兵衛」であることはあまり有名じゃないと思います。

閲覧数:
80
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2018/12/2412:49:21

黒田官兵衛については、官兵衛の名前が広まったのは、
司馬遼太郎の播磨灘物語からだと思います。
それ以前は、隠居名の黒田如水の方が知られていました。

やはり、後世の小説などで、どう呼ばれたかで、
違ってくるのだと思います。
竹中半兵衛は、絵本太平記などで、半兵衛の名で書かれているから、
通名の方が有名になったのでしょう。

黒田官兵衛は、司馬作品になる前は、吉川英治の「黒田如水」で、
取り上げられているので、如水の名が先に有名になったのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lik********さん

2018/12/2413:04:52

たぶん、知らぬ顔の半兵衛、ということわざのせいでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる