ここから本文です

船員職業安定法第44条と46条の違いについて教えてください。 海事代理士になる...

アバター

ID非公開さん

2018/12/2616:42:04

船員職業安定法第44条と46条の違いについて教えてください。

海事代理士になるために勉強をしているものです。
下記2つの法令の違いが分からず困っています。

●第44条 船舶所有者は、その被用者以外の者に報酬を与えて船員の募集を行わせようとするときは、国土交通大臣の許可を受けなければならない。

ここでいう「被用者」は、「雇っている船員」のことだと思っています。

●第46条 船舶所有者は、募集に従事する被用者に対し、いかなる名義でもその募集に対する報酬として、金銭その他の財物を給与してはならない。

ここでいう「募集に従事する被用者」は、募集する会社?の社員のことでしょうか?(違うような気もしていますが)
それとも、「雇っている船員」が募集活動をした場合にどんな名目であっても報酬を与えてはならないということでしょうか?

分かりにくい質問で申し訳ございません。
お分かりになる方がいらっしゃいましたらご回答をお願いいたします。

閲覧数:
15
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vnk********さん

2019/1/111:48:54

海事法って解釈と運用が難しいんですよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cus********さん

2019/1/112:12:40

>ここでいう「被用者」は、「雇っている船員」のことだと思っています
多分違います。募集担当の社員であって船員資格がある場合もありますが通常は事務職です。
>ここでいう「募集に従事する被用者」は、募集する会社?の社員のことでしょうか?(違うような気もしていますが)
それとも、「雇っている船員」が募集活動をした場合にどんな名目であっても報酬を与えてはならないということでしょうか?
社員です。募集して採用したらいくらという報酬はだめだということです。社員として募集の採用の有無にかかわらない報酬でないといけません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる