ここから本文です

なぜ井上尚弥のボディはあんなに効くんですか?井上自身もボディ打たれてるのに効...

アバター

ID非公開さん

2018/12/3009:21:02

なぜ井上尚弥のボディはあんなに効くんですか?井上自身もボディ打たれてるのに効いてないように見えるのはなぜでしょうか?

井上は結構ボディ打たれることありますよね。
でも効いてない感じです。

それに比べて、井上が相手に打つボディは、すごく効いてますよね。なぜでしょうか?

外から見てるだけではわからない、職人的な微差があるんでしょうか? 数ミリの位置の違いとか、ちょっとした角度の違いなど。。

詳しい方教えてください、よろしくお願いします。

補足例えばカルモナ戦の12R、残り1分半くらいからのボディ合戦とか、https://m.youtube.com/watch?v=QzGtGeZUkiw#searching

河野戦の4R、リカルドロドリゲス戦の1Rなど、他にも探せば色々ありますが、井上がボディ撃たれるシーンです。

閲覧数:
260
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bon********さん

2018/12/3014:40:39

既回答に補足になります

格闘家でありながら医者になった人の書いた本がありまして
蹴りやパンチなどを科学的、物理的に分析してて

その中で
「予想できるパンチとそうでないパンチ」について

ボディでも
「打たれる!」と思った瞬間に腹膜?にチカラを入れて
内蔵をガードします
パンチの着弾時に、ボディを剣道防具の胴のように「固める」のです

しかし
予想できない場合、それができずにモロに食らって
「内臓」が衝撃を受けます

パンチの威力にはふた通りあり
ひとつは、空手のレンガ割のような破壊力

もうひとつは、内臓に衝撃を与えてスタミナを奪うもの

前者は顔面へのパンチ
後者はボディへのものとなります

井上に関しては

攻撃では
モーションが小さく、早く、フェイントが巧みなので
相手が予想できないパンチを打ち
相手に破壊力以上のダメージを与えてる

防御では
相手の攻撃を見きり、予測しているので
被弾したとしても
必ず、ボディを固めてから受けているので
見た目よりダメージが少ない


・・・というようなことが推測されます

  • bon********さん

    2018/12/3014:49:33

    確か・・・・

    腹膜?にチカラを入れた場合とそうでない場合の
    衝撃力を計測器具を使って数値化したデータものってたような気がします

    顔面にパンチを受ける時も

    首にチカラを入れて耐える
    逆に
    チカラを抜いて受け流す場合と

    予想とチカラの入れ方は
    無意識にやってることなので
    スロー再生でも
    外から見てなかなかわかんないかもしれないですね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「井上尚弥」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mb2********さん

2018/12/3009:54:42

あんまり見ていないので思い出せませんが、たぶん相手が息を吸うときに当たっているのでは?それと見えていないんでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

tok********さん

2018/12/3009:25:07

井上は、まともにもらってないはずです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる