ここから本文です

お世話になります。

アバター

ID非公開さん

2018/12/3107:41:29

お世話になります。

震度と地震動と加速度の計算について疑問があります。

最大加速度αガルの加速度で振動したとする。
この最大加速度と重力の加速度1g=980ガルとの比率は、
k=α÷g または
α=kg である。
つまり地震動の加速度が重力の加速度のk倍にあたる。
この比率kが震度(震度階ではない)である。

…と参考書に記載されているのですが
震度は地震動の最大加速度÷重力の加速度だと言える根拠がわかりません。
この公式が出る理由は何でしょうか。

調べましたが垂直抗力?モーメント?境界条件?とちんぷんかんぷんです。

わかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

閲覧数:
32
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/12/3108:09:33

その場合の震度は、一般的な震度階(気象庁震度級数)ではなく、佐野震度の公式です。

あくまで地震のときに、「建築資材が通常時の何倍のエネルギーを受けるか」を想定するためのものなので、
別に根拠もへったくれもなく「そういう想定」なだけっぽいです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/12/3118:20:04

    「そういう想定」なだけ、というのがしっくりきました。全国各地に行って地震後の様子を見て研究したそうなので経験に基づく要素も含まれているかもしれません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2018/12/31 18:25:27

少々モヤっとしますがとりあえず「そういう想定」という結論にします。更に地震の知識を深めた後でもう一度じっくり考察します。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2018/12/3108:37:00

震度と呼ばれるものにはいろいろあって、ご紹介されているのは、明治時代に佐野利器が定義した震度です。Kで表されることが多く、「地震動の最大加速度÷重力の加速度」で定義されますので、その説明は定義を説明したものです。

建築の分野では今も使われることがあります。
http://www.jsca.or.jp/vol5/p4_4_tec_terms/200506/20050624.php

震度階ではない、と書いてあるのは、気象庁震度階級とは違います、という意味です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる