ここから本文です

STAP細胞って実際はあったらしいですが、テレビなどで大々的に報道されてませんよ...

アバター

ID非公開さん

2019/1/116:50:44

STAP細胞って実際はあったらしいですが、テレビなどで大々的に報道されてませんよね?

何故ですか?

閲覧数:
417
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/1/120:35:31

「STAP細胞って実際はあったらしい」という話がデマだから報道されないのです。
あったらしいというデマは、2015年頃から何度も流されていて、そのたびにだまされる人がいます。

もし本当にあったのなら、あると言い続けていた小保方さんやバカンティさんがここぞとばかりに発表すると思いますが、そのような様子はまったくありません。

バカンティさんは何年もの間、STAP特許が通るように手続きに奔走していますが、「作れる」証拠や「あった」証拠が提出できず、日本では特許取り下げで終了に、米国では特許拒絶で終了間近になっています。

本当にあったのなら、「あったらしい」では通用せず、今度こそ不正データではなく本物のデータで論文が発表されて第三者にも再現できなければ科学的にも特許でも認められません。
これまでずっと、STAP細胞があったと証明された論文が発表されたことはありません。

くれぐれもデマにだまされないように気をつけましょう。

  • アバター

    ID非公開さん

    2019/1/206:32:14

    STAPデマは、科学論文や特許について読んだり調べたりすることがない一般の人をターゲットにしていると思われます。
    ツイッターやブログ記事のタイトルや記事だけを読んで鵜呑みにしないようにしましょう。

    よく流されるデマは、2016年にビジネスジャーナルというネット情報サイトに書かれた記事です。
    例えば「STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明」というデマ記事に引用されている米国研究者の論文は、実際はSTAP現象とは関係ない内容で、STAP現象が作れたとも証明されたとも一言も書かれていません。それなのに「証明された」とウソの記事になっています。

    引用された論文を直接読めば記事がウソだとわかりますが、タイトルと記事だけで判断するとだまされる仕組みになっています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tun********さん

2019/1/117:17:55

オレンジジュースとほぼ同じ酸性度の液体に浸すことで
細胞がES細胞に近いものに戻ってしまう、
というものでしたっけ。

実験の再現後の細胞に関しては
配布されているサンプル用のES細胞と
遺伝子が同じだから
恐らく混入したんだろう
みたいな感じで収束してましたね。


その後ちらっと海外の研究所で
STAP細胞らしきものが…
みたいな話もありましたが
すぐに絶ち消えたのでたぶん再現ができなかったか
勘違いの可能性が高そうです。

ネズミの細胞・遺伝子は
たまに面白い特性を発現することがあるそうですので
完全なウソ・意図的なウソ
というわけではないでしょうけれど。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる