ID非公開

2019/1/2 17:45

33回答

アニメ業界における日本のポジションについて

アニメ業界における日本のポジションについて 最近のアニメ(特にNHK)をみているとスタッフロールで韓国人の名前をよく見かけます。はっきり言ってショックでした。色々調べたところ下請けを任せているに過ぎずあくまでも日本が中心になって作っているから問題ないとかあったのですが将来「アニメと言えば日本と韓国!」→アニメに韓国起源説が適用される。というような状況にはなって欲しくありません。皆さんは何か感じませんでしたか?なにも感じなかった場合は回答しなくて結構です。

アニメ50閲覧

ベストアンサー

0

テレビアニメの制作費が少ないため、アニメーターの給与も安く抑えるために韓国などの外注が増えました。 そのため、日本人の巧いアニメーターも育たなくなってきています。 巧いアニメーターは劇場など単価の高いアニメに集まるようになりました。 これではマズイと行動を起こす業界人もおられますが、なかなか変わらないのが現状です。 ジャパニメーションが無くならないように祈りたいものです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答有難うございます、昔からこのような事は行われていて視聴者がわかるような形になっただけというのが理解できました。ですがアニメーターの待遇を改善しなければ日本のアニメ産業自体が衰退していくのでは無いかと危惧しています。

お礼日時:2019/1/4 13:55

その他の回答(2件)

0

NHK? NHKはまだましな方。 中国、韓国に外注なんてもう20年以上前から行われている。 個人的にはどこの国が作ろうと質が高いものが作られるならそれでいいと思っている。 そもそもアニメにしたって日本発祥ではないんだから、いまさら何を言っているの?という感じ。

0

韓国に外注を出しているなんて何十年も前から 行われている事です。 古参のアニメファンからすれば、何を今更という問題でしょう。 絵の技術レベルで言えば中国や韓国などは 日本に追いついていると言えると思います。 ですが、絵が上手ければ、面白いアニメが作れるのか と言えばそんな事は絶対に無いと断言出来ます。 日本でも作画は良いのにと言われる面白くない アニメ作品は多くあります。 日本の中堅並みの監督や演出が出来る人材が育たない限りは どれだけ上手いアニメーターが中韓で増えても 日本アニメの脅威にはならないでしょう。 作画の下請けでは監督や演出家は育ちません。