ここから本文です

李氏朝鮮時代の、朝鮮と日本の関係を教えてください

アバター

ID非公開さん

2019/1/218:23:26

李氏朝鮮時代の、朝鮮と日本の関係を教えてください

閲覧数:
115
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sum********さん

2019/1/722:53:33

室町時代、足利将軍は日本国王として、
李朝の朝鮮国王と対等な関係にありました。

江戸時代、徳川将軍は日本国大君として、
李朝の朝鮮国王と対等な関係にありました。

ですが、征夷大将軍は天皇の臣下なので、
朝鮮国王は天皇より格下の存在で、
日本は朝鮮より上位の関係でした。

豊臣秀吉は、明を征服しようとして朝鮮に「征明嚮導」
すなわち道案内を要求しましたが、拒んだために出兵しました
(文禄・慶長の役)が、秀吉が死んだために撤兵しています。

明治になると、日朝修好条規で、朝鮮国は自主の邦で日本国と
平等の権利を保有すると定められたために、朝鮮は日本と
形式上対等な関係になりました、

しかしながら、李氏朝鮮は近代化に失敗して国内が混乱した
ために、日本への併合論が高まりましたが、その当時韓国統監
だった伊藤博文は併合に反対して、なんとか朝鮮が独立国として
残そうとしていました。

だが、伊藤博文が朝鮮人に暗殺されたことにより併合反対の
勢力が消えたこともあって、明治43年(1910年)の韓国併合
で朝鮮半島は日本が統治することになって、李氏朝鮮は
滅亡しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる