ここから本文です

ソ連がなぜ崩壊したのか についてとある言論人が以下の見解を述べていましたが...

man********さん

2019/1/312:45:02

ソ連がなぜ崩壊したのか

についてとある言論人が以下の見解を述べていましたが、正論ですか?

-------------------------------------------------------------------------------------------
ソ連崩壊については様々な見解があると思うが、それを承知の上で私の見解を述べさせていただく。


ソ連崩壊の最大の原因は通貨の信認の問題である。

通貨の信認においてソ連のルーブルはただでさえアメリカのドルより明らかに下回っていたが、ベルリンの崩壊で旧東ドイツ経由でルーブルの虚構がばれ始めていき、アメリカのドルの信認に追いつくことが限りなくゼロに近づいてしまったからである。


--------------------------------------------------------------------------------------

この質問は、gra********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
260
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bot********さん

2019/1/315:45:52

初めて聴きますか

そうした側面は否定できないかと
まず
ソ連って70年代から西側から穀物を輸入していました
ルーブルの価値が低くなるということは穀物輸入に多くの資金が必要となることを意味します
言い換えると西側の穀物が高くなる
なので市民の生活を圧迫するか、多額の補助金をつけて価格を抑え込むかしかなくなります
つまりどちらにしても体制に大きな負担をかけることを意味します

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gun********さん

2019/1/417:18:24

ロシア人の支配に耐え切れず崩壊したはずですね。

lan********さん

2019/1/414:52:40

それも、原因の一つかもしれませんね。

私は「私有財産の否定」=社会主義の根本に
原因があるとみています。

「私有財産の否定」=頑張って働いても、
創意工夫をしても、それらによって得られる富を
自分のものにはできないわけですから、労働意欲は
下降気味になりがちだと思います。
生産性が上がらなければ、経済は立ち行かなくなり、
制度の転換を迫られる(社会主義の放棄)わけです。
ルーブルの信用が落ちたのもそれが遠因にあると
思います。

ソ連の場合=国そのものの消滅 (CIS)
中国の場合=改革・開放路線 (鄧小平)
ベトナムの場合=ドイモイ政策
東欧諸国=民主化とEUへの加盟
といった感じでしょうか。

bro********さん

2019/1/316:00:42

そうは思いません。
ソ連のルーブルは共産圏は別として、当時の世界では決済通貨ではありませんでした。そのため、バーター貿易といって、早い話物々交換でした。
ソ連の輸出品は原油・天然ガス・木材などの天然資源でしたが、物量的には相当なものでした。これと交換する形で、自由主義圏から輸入をしていました。
これは現在のロシアの貿易の実態と同じであり、ソ連の崩壊の原因とまでは言えないと思います。

fzn********さん

2019/1/315:02:54

通貨の問題は冷戦に負けた一因ではあっても
ソ連崩壊の原因ではありません。
通貨の信用力が米ドルを下回ったら
国家が崩壊するなら、
世界中のほとんどの国が、
とっくに崩壊しているはずです。

そもそも、ルーブルは冷戦の初めから米ドルには
対抗できなかったし、それゆえ国際市場にアクセスして
いなかったんだから、まったくの誤りだと
断言できます。

gra********さん

リクエストマッチ

2019/1/314:45:44

理由の一つではあるけど、「原因」ではない・・・・・・。
そもそも何故ルーブルが弱くなったか東ドイツの崩壊では説明ができない・・・・。
ソ連型計画経済の破綻は通貨政策の失敗ではないので失敗による結果がルーブルの弱体化でしかない・・・・・。
例えば1970年代に入りソ連の中枢はコンピューターなどの先進技術開発に失敗します、これは計画経済による弊害が顕著に出た例であり、「ソ連型計画経済が国民生活の向上」と言う目的を目的化できずに瞑想した結果でもあるんです。
ソ連崩壊の引き金になったのはそれを立て直す目的で行われたペレストロイカでもはやソ連最高評議会の存在意義自体が失われバルト三国の独立やドイツの併合にまで波及する・・・・共産主義の「すべてを平等に」と言う考えは「単純には一見素晴らしく聞こえる」けど本質的に言えば「人の努力を認めない」と言う事であって一生懸命働いても給料が何も変わらないなら「働いたふりをする方が楽」と言う事になるのが人間でありそれが結果的に色んな共産主義の失敗の最大の原因になっている・・・・・・・。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる