ここから本文です

緊急です。公正証書に関する質問です。

アバター

ID非公開さん

2019/1/317:52:26

緊急です。公正証書に関する質問です。

公正証書を約7年前程前母親が作成しました。

保険金、預貯金、債権など全て私に権限を託すという内容が記載されています。

母は現在介護が必要な状態であり、寝たきりの状態です。

死亡保険金の受取人は全て私になっているのに、1年前に姉に変更されているのを、つい最近気づきました。預貯金もほとんど解約されていました。

母親が生きている間に、言葉巧みに全て変更させてしまったのだと思います。

母親も姉も変更した事は、一切私には言ってません。

母親の命はかなり危ない状態です。
変更されてしまった受取人名義は有効にされてしまうのでしょうか?

閲覧数:
119
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

poo********さん

2019/1/318:42:01

公正証書の件は、財産管理の事ですから、遺言ではなく、任意代理契約や任意後見契約に関するものだと思います。

だとすれば、作成時に契約当事者であるあなたは内容について理解、合意していたと思いますがその辺はどうなんでしょう。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/1/319:09:31

    作成時には、母親も元気だったので内容についても、私に遺言執行者にお願いしたいことの話もしてて、理解と合意はしました。

    1年程前から、介護がかなり必要になり字も書くのが精一杯の状態で、姉が母親に何か話を上手く持ちかけて、母親がまだ字が書けるうち、理解出来ないけど、言われるままにサインしたのではないかと想像します。

    姉にとっては、私に気づかれると都合悪いので、私に何も連絡することなく、バレずにこのまま保険金がもらえて、貯金も既に解約してしまえば、全て思いどうりになると思っていたのかも知れません。
    私及び、私の子供たちにも会っても一言も言わないのが確信だと思います。

  • その他の返信(5件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/1/4 21:25:15

戸籍謄本を取り、母親の居場所は分からないですが、生存している事は分かり、要介護4である事までつきとめることが出来ました。

今までの調べあげた資料を持って弁護士に相談したところ、様々な理由から、刑事告訴を勧められました。
思っていた以上に非常事態だったようです。丁寧なアドバイスをありがとうございました。頑張ろうと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sak********さん

2019/1/411:33:21

正月に実家を訪問したら、家の中が荒らされて寝たきりの親が行方不明。

即110番に通報すべき案件では?

sai********さん

2019/1/320:40:58

保険金の受取人を変更する場合、保険会社の職員が実際に契約者に会って確認していると思います。
契約者が保険会社へ行けない状態なら、保険会社から2名 契約者に会いに来て確認していると思います。
確認と言っても、名前や生年月日を契約者に言わせて、受取人を変更する手続きを契約者の前で行う…という感じで、
保険会社の職員は、受取人の変更の際に、契約者に判断力があるかどうかまでは確認出来て居ないと思います。

過去に介護認定を受ける時、主治医の意見書や認定員がお母様にした質問など、
役所に保存されていますので、
「要介護認定等情報提供申請書」を役所に申請すると、コピーが受け取れます。
お母様が過去の介護認定を受けた際、
認定員の質問にどの程度 正確に答えられたか、主治医意見書にはどう記載されているか、など詳細を調べる事ができます。

保険の受取人を変更した当時の、介護認定の情報提供の資料を、役所から取り寄せてみて、
もしもお母様に判断力が無いような内容でしたら、それを持って弁護士の先生に相談してみてはどうでしょう?

介護認定の情報提供の書類は、本人の委任状が無い場合、兄弟姉妹の押印が必要になるかもしれませんが、
ご参考までに。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mnb********さん

2019/1/318:05:49

母親の意思なら自由に変更できます。
母親の意思なら、預金も下せます。

裁判になれば、
母親の意思がない事を、
証明する責任は質問者にあります。

pfl********さん

2019/1/318:05:01

お母さまの意思がはっきりされている間になされたことならば、有効です。

遺言に書いてある財産を処分した場合(売却したり贈与したり破棄したり)、その部分については遺言を撤回したことになります。

遺言は、遺言者が亡くなって初めて有効になるものです。遺言を書いてから亡くなるまでの間に、遺言の内容に抵触するようなことがあっても、本人の意思ならばしかたありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる