ここから本文です

投票受付終了まであと3日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

転職活動中です。 今考えている会社が市役所の水道局の業務委託で、役場内で市民...

kat********さん

2019/1/1113:00:04

転職活動中です。
今考えている会社が市役所の水道局の業務委託で、役場内で市民への対応や転居等による手続きの業務を請け負っている会社です。

転職サイトを見て検討していますが給与は決

して高いとは言えませんが福利厚生はもちろん、休日もしっかりと取れそうですが昇給とか安定性とかが気になります。
給与面に関しては、当然会社員なので業績にもよると思いますし、委託契約を切られることも想像はできます。
一応会社自体は親会社が上場している会社のグループということと、今回検討しているところも新規事業所オープンということで、委託契約地域も全国で拡大しそれなりに大きく事業を展開していることもわかります。

ただ不安なのは文中にも書きました給与面、将来性です。
また最近は水道事業の民間委託の話も聞きますので、その影響も受けるのかも気になります。
当然面接でも質問しますが実際に同じような仕事をされている方がいればお話を聞いてみたいです。

ちなみに会社名は株式会社◯◯◯(アルファベット3文字の会社)のグループ会社で、こちらもアルファベット名です。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
69
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

tak********さん

2019/1/1523:38:42

私は昔、市役所の水道部に勤めていました。ですから、水道事業については少しだけ知識があります。

水道事業は、日本の高度経済成長時代(特に東京オリンピックに合わせて)に、急速に水道管を布設しました。その水道管が老朽化し新しく入れ替えることが急務になっています。
ですから、仕事自体はこれからもなくなることはありません。

水道事業は、公共事業(民間になろうが)の中でも極めて強い事業です。なぜなら、水道は生活に直結しているからです。

例えば、道路事業などと比べ断水になるとトイレにもいけませんよね?

これは、地震などの災害になれば一目瞭然です。まっさきに困るのが水なのです。つまり、人は水なしでは生きていけないのです。つまり、水道事業は「それだけ重要な事業だと言える」でしょう。

また、水道事業の強みは「水道料金を払わなければ水道を止めてしまう」ということがあげられます。つまり、税金と比べとりぱっぐれがないのです。

当然ながら、水が止められて困るのは水道料金を支払わない本人です。それではトイレにもいけず生活ができません。ですから、なんとしても水道料金を払います。つまり、水道事業は盤石の基盤があるということです。

例えば、それは民間になっても変わらないでしょう。NHKの料金のようにあげたら、「私は見ていないので払いません」となりますが、説明したとおり、そうはなりませんよね?

極端に言えば、民間になった場合の方が料金があげほうだいなのです。公共料金の場合、政治家が選挙に落選するなどの問題があるので「そう簡単にはできない」のです。


このようなことから、将来性、安定性については安心していいと思います。ただし、それだけの理由で転職を決めてしまうと後悔してしまうかもしれません。なぜなら、本気でやりたい仕事ではないからです。

確かに将来性や安定性も大事ですが、その仕事が本当にやりたいことか?

を真剣に考えてみてください。詳しくは、35歳までの【適職・天職】の見つけ方>https://hataraku-jimu.com/100-278
を参考にしてください。

いずれしても、転職は人生を左右する大きな出来事です。しっかりと自分の本心を見つめて決断してくださいね。応援しています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる