ここから本文です

避妊具としてのコンドームについて。

アバター

ID非公開さん

2019/1/417:37:02

避妊具としてのコンドームについて。

ご覧いただきありがとうございます。コンドームの避妊率について質問があります。
高校の頃の保健の教科書には正しい使用の場合、避妊率は100パーセントとありました。しかし、ネットで調べてみると85パーセントなど97パーセントなど数値にばらつきがあります。これはなぜなのでしょうか?正しく使用していない場合も含まれているからなのでしょうか?

また、正しく使用して、その後、破れや漏れがないことを確認した場合の避妊率は100パーセントに限りなく近いのでしょうか?

閲覧数:
711
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ota********さん

2019/1/423:13:39

コンドームなど各避妊法での避妊率は、医師でさえ間違って解釈してる人が多くいます。

正しくは避妊率ではなく、妊娠率です。
しかも、妊娠確率ではなく、「妊娠率」と言う、統計学上の指数です。

日本人の朝食摂取率は約70%です。
と言うことは、ご質問者さまが明日の朝食を食べることのできる確率は70%なのでしょうか?
10日に3日は朝食を食べることができないのでしょうか?
朝食摂取率と朝食を食べることのできる確率とは違いますね、同様に妊娠率も妊娠する確率なのではありません。

コンドームの妊娠率は、1998年に発表された米国のTrussell J博士の下記の文献が日本で初めて広く紹介されました。

出典)Trussell J. Contraceptive efficacy. In Hatcher RA, Trussell J, Stewart F, Cates W, Stewart GK, Guest F, Kowal D. Contraceptive Technology Seventeenth Revised Edition. New York NY: Irvington Publishers, 1998

この中でコンドームの妊娠率はTypical Use(一般的使用)14%、Perfect Use(理想的使用)3%と書かれています。

85%や97%と言う数字はここからきている数字です。

その後、2004年と2011年に発表されていますが、
2011年の発表では、Typical Use(一般的使用)18%、Perfect Use(理想的使用)2%と報告されています。
また、2014年からは妊娠確率と誤解されやすいので%の表記をやめています。

この指数は、実はパールインデックス(PI)という、米国においての各避妊方法の実態と効果を比較するために考案された指数で、その避妊法を用いた時に、100組のカップルが1年間で何組妊娠したのかを表しています。

米国の若いカップルが統計対象で、年間の平均セックス回数は113回になります。

妊娠率2%というのは、年間113回セックスを行う米国の100組のカップルが、1年間で2組が妊娠してしまったことを計算上で表しています。

Typical Useが日本語では「一般的使用」と訳されたため、「普通に、一般的に使っても」18%失敗すると勘違いしている人が多くいますが、
Typical Use(一般的使用)とは、「避妊にはコンドームを使う」と答えた一般的な人と定義しています。
にも関わらず18%妊娠したということは、実施にコンドームを使わなかったカップルが16%(18%-2%)いたために妊娠してしまったことを示しています。

Perfect Useが日本語では「理想的な使用」と訳されたために、「完璧に使用しても、間違いなく使用しても、失敗無く使っても、正しく使っても・・・」と勘違いしている人がいますが、
Perfect Use(理想的使用)の定義は「どんな使い方、間違った使い方であれ、性行為の時に毎回かかさずコンドームを使用した」と定義しています。
「完璧につけても」ではなく、「Perfect」=「性行為時には1回も欠かさず」なのです

理想的使用の中で、2%(年間で100組中2組)という避妊の失敗の主な原因は破損、装着時期不適切、脱落、粗悪品、再使用などなのです。
(注意:米国のコンドーム事情での数字です。米国ではコンドームを使って避妊を行うのは比較的貧困層で、粗悪な材質のコンドームが流通しており、洗って何度も再使用したりもします)

つまり、コンドームを使用して性行為を行うと、破損や脱落などが原因で失敗する可能性があると言うことです。

ちなみに、妊娠率2%という数字は、
100回のセックスで2回失敗したのではありません。
100組が年間113回、合計11300回セックスし、2回失敗した・・・・つまり、5650回のセックスで1回失敗したと言うことです。乱暴に言えば、99.98%は避妊できたことになります。

さらにもう一つ、もし100組すべてのカップルが113回のセックスでたった1回失敗して、結局年間で100組すべて妊娠したとしたら、妊娠率は1/113=0.9%なのではなく、100%なのです。
しかも、もし100組すべてのカップルが統計開始の1月目に妊娠したら、統計上年間13回の月経サイクル毎に妊娠すると計算しますので、妊娠率は1300%になります。
コンドームの妊娠率とは、MAXは1300%なのです。

蛇足ですが、
各避妊法での妊娠率は各国のお国柄の事情によって異なります。
たとえば、日本の裏側の国でピルの方がコンドームの妊娠率をはるかに上回っています。日本ではピルの妊娠率は0.00%です。
これは、日本では医師によってピル処方されるのに対し、裏側の国ではどこでも買えて避妊効果の無い偽物ピルが流通しているためです。
同様に、日本でのコンドームの妊娠率も製品品質が良くて、再使用する人がいない?ため、米国の妊娠率よりも小さくなります。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/1/502:08:36

    すごく分かり易いご説明ありがとうございます!
    すごく納得しました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「避妊」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

atb********さん

2019/1/616:28:21

避妊率のパーセンテージが動くのは正しく使われていない方が存在するからだと思います。例えばゴムもそうですが古い物は使わない、無理矢理挿入しない等あると思います。
但し万が一行為中にゴムが破けてしまった場合は72時間以内にアフターピルを処方という流れになると思います。

私事ですが今の彼女含めて全て避妊はしていますが避妊失敗はまだした事がありません。
仮に今の彼女とは万が一避妊失敗して妊娠しても私は彼女には子宝が授かるので結婚しますので。
但し彼女に対しては仕事の引き継ぎ等あるので彼女には申し訳ないです。
ただ六月結婚予定なのと彼女の両親からは結婚してから子宝という流れなので、その方向性で行きたいと思います。

run********さん

2019/1/423:49:15

コンドームはゴムで出来ていて、使う人がきちんと理解してなく間違った使用法や、受ける女性の濡れを確認もせず、強引に挿入して破けるなどの事故があるから100%にならないのです。

学校でも付け方の実践などありません。

人がやることに完璧はありません。

教科書上で学んでも実践とはまた違うと言うことです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jjg********さん

2019/1/417:41:38

正しく使用して、その後、破れや漏れがないことを確認した場合100%ですよ
そうじゃなかったら私いっぱい妊娠させてます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる