ここから本文です

賃貸契約に必要な書類と、印鑑登録した印鑑について。 他県へ引っ越し予定です...

gum********さん

2019/1/801:33:02

賃貸契約に必要な書類と、印鑑登録した印鑑について。

他県へ引っ越し予定です。
賃貸の契約時、印鑑と印鑑証明書、金融口座印が必要と書いてあるのですが、現在登録をしている印鑑がありません。

その場合、旧居市役所で印鑑登録が必要ですが、その印鑑とは別に金融口座印を作ったほうが良いですよね?

それから、転居先で印鑑証明書が必要な場面で、印鑑登録してある印鑑は旧居の住所等で登録してあると思うのですが、手続きはどのようになりますか?
また、転居してすぐに必要になる場面は、例えばどんな時ですか?

閲覧数:
101
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jta********さん

2019/1/802:18:20

賃貸契約で、本人の印鑑証明が求められるのは、
かなり少ないケースです。

※ 連帯保証人は必要とされることはあります。

まあ、相手が必要というならば、必要ですが

印鑑登録は、押印をする日現在の 住所地の役所で
登録します。

賃貸契約だと 転居前に契約するでしょうから
契約時点の現住所(旧居) の役所で手続して
印鑑証明をだしてもらいます。

転居後、なんらかの理由で印鑑証明が欲しい場合は
あらためて、印鑑登録をします
転居した場合、印鑑登録は無効になります。

銀行印と 実印(印鑑登録をしてある印)を
分けた方が安全性はたかまります。

印鑑証明が必要なケースはそう多くはありません。

一般的に、誰かに契約や手続きを委任するような場合に
必要になることが多いです

車の購入時、 賃貸契約の連帯保証人 など
不動産の購入

押印した書類に、印鑑証明が添付されている場合、
そんな書類しりません と言っても、通じないので
そのために 相手が要求します

賃貸契約だと 借りる本人は、本人が不動産屋に行って
契約しますから、契約をしならいは通じませんが
連帯保証人は、通常 親とか誰かに頼んで、印鑑をおしてもらう
わけです。
だれかが、勝手に名前を書いて、印鑑おしたら 表面上は
契約できてしまいます。 それではこまるので
実印をおしてもらい、印鑑証明を添付してもらうのです。

なので、
誰かに契約や手続きを委任するような場合に
必要になることが多いです

あとは、遺産分割とかです。

質問した人からのコメント

2019/1/8 02:51:45

必ずいるものと思ってましたが、場合によるんですね。
事前に確認とろうと思います!

詳しく説明していただきありがとうございました。
大変勉強になりました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる