ここから本文です

戦国時代に於ける名門とは具体的にどのような大名を指すのですか?? 毛利、織田...

n00********さん

2019/1/915:21:27

戦国時代に於ける名門とは具体的にどのような大名を指すのですか??
毛利、織田、長尾などの、鎌倉・室町時代に家系が存在しながら戦国期に急速に勢力を伸ばした大名は名門と言えるのですか?

閲覧数:
105
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

真田節さん

2019/1/917:57:04

戦国時代における名門とは
足利や源氏一門に列なる古河公方、今川、吉良、一色、武田、佐竹など
菅領の山名、細川、赤松、畠山、斯波、上杉、葛西、大崎、安東など
公家大名の姉小路、北畠など
歴史の古い大友、島津、菊池、小弐、大内、京極、諏訪、那須など
を指す

毛利や三好、真田、香川程度の一郡の小領主はその地域では名門とは言われるかもしれないが、全国レベルの名門とは言い難い。
また織田や長尾はそれぞれ斯波や上杉の守護代だが名門とは言われないようだ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ren********さん

2019/1/921:00:08

名門というのは大抵古くから存在し、ある程度の勢力を長きにわたって存続させていた大名になります。
長尾は確かに古くから上杉家の重臣ですが大名としての長尾家はかなり短いです。
毛利も歴史だけなら鎌倉時代からありますが国人の域を長らく出ていません。
本当に名門なのは鎌倉時代から守護である島津大友武田や室町初期から守護である佐竹大内赤松今川などです。

mar********さん

2019/1/918:43:31

名門と呼べるのは、守護、もしくは律令制下において官人を多く輩出した家でしょう。

ofn********さん

2019/1/916:56:44

まずは源氏と言える足利家、武田家、今川家あたりが名門の代表格でしょう。それからそれまで守護大名の上杉家、結城家、京極家、和泉細川家、小笠原家、島津家、佐竹家、宗家。

鎌倉時代に「家系が存在しただけ」では名門とは言えません。
特に「急速に勢力を伸ばした」のであればなおさら。

eko********さん

2019/1/915:39:08

毛利、織田、長尾など国人領主の成り上がりです。
当時の名門といえば、室町幕府の足利一門や守護大名家です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる