ここから本文です

外壁の塗装工事の見積もり依頼をしました。 すると、2月だけはやらないほうがい...

アバター

ID非公開さん

2019/1/918:34:34

外壁の塗装工事の見積もり依頼をしました。
すると、2月だけはやらないほうがいいといわれました。
ペンキの乾きが悪いそうです。

ペンキは、空気が乾燥しているなら、尚のこと乾きやすいのではないのでしょうか?

閲覧数:
636
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

god********さん

2019/1/1108:55:58

塗料の硬化は気温に大きく左右されるので、湿度が低くとも温度が高くないと固まるのには時間がかかります。
施工には日中の気温が少なくとも5℃以上であることが必要です。実際は日中温度が10℃くらいにならないと厳しいです。

今の時期だと、関東以南の平地ならば気温に気を使っていれば問題ないですが、東北や北陸、それと山間部は施工するのはチョッと厳しいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「外壁塗装」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yc_********さん

2019/1/1411:39:30

寒いので重ね塗りの際乾燥しにくいのですぐに上塗りなどができません。
気温が5度以下という定義がありますが乾燥しないうちに雨天などにさらされる時間可能性が高くなるためということも聞いたことがあります。
逆に乾燥しているので下地などの下塗り塗料の吸収や密着などはいいと思います。

あとは日の当たる北側と日が当たる側では乾燥時間がまったく変わってきます。
屋根などは外壁よりも日が当たる時間が長いので乾燥も早いです。

あとはトタンなどに特徴がありますが、霜が降りたりするとつやがなく白く濁ったような仕上がりになる場合があるので乾燥時間に気を配る必要があります。

工期的には不安定な天気が続く6月とか9月とかのほうが長くかかるというイメージはあります。
2月だから決して耐久性が落ちるということは全くないです。
むしろ現場側に立ってみればわかりますが職人に厳しい真夏よりはいいです。

kom********さん

2019/1/1109:27:19

塗装は、温度5度以下、湿度85%以上の時は、乾きが悪いのでやらないのが常識です。
2月だからではありません。
雨の日、雪の日の湿度は100%です。

adb********さん

2019/1/920:56:54

気温が5度以下の場合、施工不可です。

塗装をしないでくださいと、メーカーははっきりと指示してます。

実際に施工する昼間の時間帯に限らず、乾燥時間の夜間に5度を下回る場合でもしっかりとした施工管理が出来ない場合は、おススメ出来ません。

このような都合の悪い情報は、集客目的の業者HPの目立つ部分には掲載がありません。

http://adboris.net/

良かったら参考にどうぞ

mon********さん

2019/1/920:15:47

今は水性塗料だから 乾くまでに凍ったらダメだからね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

kaz********さん

2019/1/918:52:10

材料にもよりますが
気温が5℃以下の場合は塗装を推奨しておりません。
湿度の問題ではなく基本の問題です。

確かに冬場は乾燥してますが
それ以上に気温が低いため施工性も悪くなります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる