ここから本文です

神社の境内にある富士塚についての質問です。 (地元の神社には神職がいないので...

ohj********さん

2019/1/1010:07:00

神社の境内にある富士塚についての質問です。
(地元の神社には神職がいないのでわかる人がいません)

富士塚のふもとには鳥居があり、頂上には浅間神社と彫られた碑が祀られてあります。

古老に聞くとその碑は富士山の方向を向けてあるとのこと。(碑と鳥居の延長上に富士山がある)

ここを拝めば富士山登山と同じご利益があるとのことですが、富士塚を拝む際、本物の富士山に背を向けることになります。富士吉田にある浅間大社富士山本宮は拝む方向の先に富士山があるのでまるっきり逆です。

他の地域でも意図的に同じような向きで造成したケースもあると思いますが、理由をご存知の方がいたら教えてください。

閲覧数:
52
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2019/1/1515:18:20

神職をしています。

富士塚を拝めば、その延長線上に富士山があって、遙拝できるのがよいのか、富士塚に登って富士山の方角を向けばいいのか、それとも両方を兼ね備えた方がいいのか。

これについて、決まりはありません。
登るための富士塚、拝むための富士塚、どっちもある訳です。

こういう違いが生まれる原因として、富士講にはいくつかグループがあって、それぞれ考え方の違いがあるからです。

  • 質問者

    ohj********さん

    2019/1/1515:53:28

    なるほど、「富士塚とは拝むもの」「富士塚とは登るもの」という画一的な指針があるわけではないのですか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2019/1/1012:09:58

それは浅間山の方角を向いていませんか?

富士山と浅間山は同体という説があり、富士浅間神社もあります。

その昔、穂高見命という大きな神様が土をすくって、どん、どんと大地におきました。一つが富士山でもう一つが浅間山になったそうです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wrb********さん

2019/1/1011:01:22

「富士塚」は、本来「拝むもの」ではなく「登るもの」です。
出来た当初は、頂上に登った時に、はるか遠く富士山を望める場所に築いたものです。今はビルに遮られて富士山が見えるところは無いみたいですけど。

富士塚の頂上に立てば、鳥居の向こうに富士山が拝める構造なのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる