ここから本文です

埼玉県で厄除け・厄払いが有名なお寺や神社を教えて下さい。 今年2019年が厄年な...

tak********さん

2019/1/1121:19:52

埼玉県で厄除け・厄払いが有名なお寺や神社を教えて下さい。
今年2019年が厄年なのですが、厄よけを専門で行なっていて効果があると有名なお寺か神社を探しています。

あと、厄除けと厄払いの違いについてよく分からないので詳しい方教えてくださると助かります。

閲覧数:
264
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

noz********さん

2019/1/1210:35:37

今年後厄で、前厄・本厄・後厄であったこの3年間、毎年厄除けを受けてきました。

■埼玉で「厄除け」の効果が強いと有名なところ
私も厄除けについて色々調べましたが、埼玉県で厄よけの効果が強く有名なところは「埼玉厄除け開運大師・龍泉寺」、「大宮氷川神社」、「川越大師・喜多院」の3つのようです。

埼玉厄除け開運大師・龍泉寺
http://yakuyoke-kaiun.jp/

大宮氷川神社
http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/

川越大師・喜多院
https://www.kawagoe.com/kitain/

今年は「埼玉厄除け開運大師・龍泉寺」、去年は「川越大師・喜多院」、一昨年は「氷川神社」でそれぞれ厄除けを受けました。

その中でも、今年受けた「埼玉厄除け開運大師・龍泉寺」が、お寺の名前に「厄除け」と入っているだけあって、一番厄除けに特化していると感じました。
やはり日本では「厄除け大師」と言われるところが一番厄よけに強いようです。佐野厄除け大師も有名ですよね。

お寺と神社の両方で厄除けを受けた感想としては、護摩(ごま)という炎を使った儀式を行うお寺の方が、迫力があり神社よりも効果を強く感じました。
炎で悪いものが焼かれ身体が浄化されるような気がして、とても気持ちがすっきりしました。

そういう意味では私の満足度としては
1位:埼玉厄除け開運大師・龍泉寺
2位:川越大師・喜多院
3位:大宮氷川神社
という順位ですね。

■厄除けと厄祓い(払い)の違い
お寺で受ける厄除けを「厄除け」と言い、神社で受ける厄除けを「厄祓い」と言います。
どちらも同じと言われることが多いようですが、やはり厳密にいうと意味が違うようです。

お寺で行う「厄除け」は、できるだけ未来に起こる災難を避けて通ることを目指しています。
厄除け大師や不動明王などの仏の力で、今後起こりうる厄災を避けようということです。

一方、神社での厄祓いは、これはこれから起きる厄災を避けるという意味ではなく、「これから重要な時期を迎えるので、今まで意識的、無意識的に犯してきた罪を許していただき、今後は言動を慎ましやかに慎重にし、深慮をして生きていきましょう」という意味になるようです。
つまり、今まで身に付いた埃を祓い清め、厄災を乗り越えられるようにとお願いするのが神社の「厄祓い」です。

こう考えると、厄年に受ける厄除けは「今年一年災いが起きないように」と願う意味が強いと考えられるので、未来に起こる厄災を押さえ込んだり避けようという意味のある「お寺での厄除け」の方が良いのではと思います。

私自身、2年前に「厄除け」と「厄祓い」の違いについて調べ、前厄の一昨年は氷川神社に行きましたが、その後の2年間はお寺に厄除けに行きました。

質問した人からのコメント

2019/1/16 10:00:45

オススメ頂いた埼玉厄除け開運大師・龍泉寺に日曜日に厄除けに行ってきました。
今まで受けた厄除け祈願の中で一番迫力があり感動しました。
当日はお堂に入りきらないぐらいの人が来てました。
厄除けでとても有名なお寺のようですね。素晴らしいところを教えていただきありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a10********さん

2019/1/1319:45:54

高麗神社の神様は朝鮮系の神様です。

met********さん

2019/1/1219:41:10

大宮氷川神社、結構大きい、広いですよ
おススメです

dar********さん

2019/1/1206:50:13

金鑚神社。秩父神社。寶登山神社。箭弓稲荷神社。氷川神社。鷲宮神社。高麗神社。

mth********さん

2019/1/1123:20:05

埼玉県の神社でしたら、やはり県内で最大規模の神様である、氷川神社でしょう。

大宮駅から徒歩15分です。

スサノオ様をお祀りしていますので、厄除けのパワーがあります。

同じ埼玉県でも地域が離れていますが、他のおススメは、秩父市の三峯神社ですね。着くまで大変な場所ですが、とてもパワーがある神域ですよ。

厄除けも厄払いも、同じ意味で使われています。

「払い」というのは、どちらかというと神社で馴染みのある呼び方です。ただし「厄祓い」という漢字になりますが。

神社ではもっぱら、「祓」という行為を重視するのです。

罪やケガレ、厄といったものを、火や水や風を使って祓うのが、神道のやり方です。

仏教寺院では、災難や厄を払うのに様々な方法があります。

仏陀や菩薩のご加護で厄を除ける、厄を転じることができます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる