ここから本文です

ユニコーンガンダムの最終回、 バナージとミネバがメガラニカでサイアムと話してい...

ebq********さん

2019/1/1313:19:08

ユニコーンガンダムの最終回、
バナージとミネバがメガラニカでサイアムと話していた宇宙世紀憲章の一連の話
難しくて全く意味がわかりません

なぜ呪いに変わったのか
なぜいち文を消す必要

あったのか
なにか未来というの書き加えた?とか
なぜ地球にはそこまで重要なものなのか
ジオニズムとの関わり?が意味合いかえたとか

とにかく意味が難しくて全くわかりません。

一から100まで小学生にも分かりやすく、詳しく教えていただけませんか?

閲覧数:
102
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Tama-kichiさん

2019/1/1321:21:15

【宇宙世紀憲章の一文】
『将来、宇宙に適応した新人類の発生が認められた場合、その者たちを優先的に政府運営に参画させることにする』

宇宙世紀に改暦される際に発表される筈だった一文であり、初代首相のリカルド・マーセナスが書き加えた一文でもあります。
それは未来への希望・祈りとしたもの。

しかし連邦政府はそれを良しとしなかった。
それは地球至上主義に則っていたから。
アースノイド(地球に住む者)はエリートだという考えがあったからで、スペースノイド(宇宙に上がった者)は下劣であるとしており、弾圧していたからです。
参政権の剥奪など。
これは1年戦争が終わっても続いていました。
で地球至上主義のティターンズとかが出てきましたし。

憲章の一文はスペースノイド(宇宙に住む者)に利益となるので良しとせず、リカルド・マーセナス、その他関係者は暗殺されたのです。

そしてその一文が無かったかの様にひた隠しをしていた訳です。

しかし本物の憲章はサイアム・ビストが偶然手に入れ、それを材料に連邦政府を脅して財界でのし上がった訳です。

が、これまた偶然、宇宙世紀0060年後半に思想家であったジオン・ズム・ダイクンが提唱したニュータイプ論が、ひた隠しにしてきた憲章の一文と同じだった訳です。

連邦政府としては、本物の憲章は是が非でも隠し通さないといけなかった訳です。

なので首相官邸・ラプラスで爆破テロが無ければ祈りとして存在していた一文が、自作自演のテロを起こしてひた隠しをした連邦政府側にしてみれば、スペースノイドであるジオン公国が独立戦争を仕掛けた事よって、呪いへと変わってしまったのです。

  • 質問者

    ebq********さん

    2019/1/1410:48:00

    大変分かりやすくありがとうございます。

    最後の段落なんですが、なぜジオンが戦争しかけたことが呪いにかわったんですか?

    だってジオンも憲章文消したことはまだ知らないわけじゃないですか

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる