ここから本文です

新築ブルーです。。 もうどうしようもない事なのですが、注文住宅で家を建てま...

アバター

ID非公開さん

2019/1/1411:17:39

新築ブルーです。。

もうどうしようもない事なのですが、注文住宅で家を建てました。
こだわって決めたつもりでしたが、実際に建ててみると、想像と違ったとか窓の大きさや間取りにも不満を

感じしまいには、土地選びもここじゃなきゃ良かったかなぁなど思っています。
そんな中、建設中にポラスの建売で理想の土地で外観も間取りも良く1番高い物件でも、うちよりも安く外構も出来上がっているし駅も近いしで、こっちにすれば良かったと、もうどうしようもない事を悩んでいます。

贅沢な悩みだとは思いますが、どなたか励ましていただければ幸いです。。

補足こんなにたくさんの回答と励ましを頂けるとは思いませんでした
どの回答も励まされて勉強になりました。
ベストアンサーに悩んでいます

閲覧数:
3,222
回答数:
15

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

lol********さん

2019/1/1413:24:16

不動産屋です。
約30年、やってきました。
注文住宅で家を建てることは、誰でもできる事ではありません。
上を見ればきりがなく、下を見ても同じようなもんです。
今日まで、すごくお金をかけた豪邸を何度か処分して
きましたが、哀しいもんです。
家はただの箱であって、中身が大事です。
家族が健康で平穏な生活を送れるのが1番じゃないでしょうか。
豪邸に住んでいながら、不幸な方もいっぱいいるんです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/1/20 20:41:53

なんだか心に沁みました。
実際にいろんな住宅を見てきたとの事で
外見だけ良くても中身が大事、家族が円満で健康に暮らせる事が1番という言葉が心動かされました。
今のお家がすごく好きになるように、楽しく過ごしていきたいと思います。
ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/14件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ym_********さん

2019/1/2016:06:03

その建売を買ってもあなたは絶対何かに後悔する性格でしょ。
今の家を工夫していい家にした方がいい。

lef********さん

2019/1/2002:04:48

新築あるある だと思います。

私もそうです。住んでみて色々後悔しました。

同じハウスメーカーの近所のママ友のお家が羨ましかったですし、うちが購入を検討していた土地に注文住宅を建てたママ友のお家も羨ましかったです。

15年経ち、そんな気持ちも薄れました。
いつからだったか、気になることもなくなりました。

今思えば、どうしてあんなにも羨ましかったのか分かりません。
新築あるある には、そんな日が来るのではないでしょうか…

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2019/1/1818:12:53

親の所得格差が子の教育格差を生み、貧困が連鎖すると言われますが、実際は「親の思考格差」の問題です。
生活に余裕があると、貴方のように悩むのです。
注文と建売を比較しても仕方ありません、既に格差が生まれているのです。

nor********さん

2019/1/1814:42:30

それ不動産あるあるです!
俺住宅販売してるけど俺自身も2年前にマンションを都内で買ってあっちにすれば良かったと後悔してます。

正直みんなとは言いませんが、高額な買い物はどの物件を買ってもあっちにしとけばとなります。 しかも俺なんて買い換え2回目ですよ!2回ともあっちにすれば良かったと不動産業してても思う位ですよ! ま~俺の場合毎日物件案内するから
目移り物件が多いんだけど・・・

fud********さん

2019/1/1511:36:56

不動産・相談オフィス(元宅建業者)です。
「新築ブルー」は初めて聞きますが、「契約ブルー」はよく耳にします。

これは、高額な資産を契約してしまって、本当に「最良の選択」だった
かどうかに疑念を持ち、後悔が頭をよぎるからのように思われます。

そこで申し上げたいのは、住宅に「最良の選択」などは無いと言うこと
です。

ご自身の勘やイメージで瞬時に「良い物件」と「感じた」ものは、
そのご自身の勘を信じることが大切だろうと思われます。

前記で「最良の選択」などは無い、と断定したのは、どんな物件でも
必ず建築基準法で制御される部分が発生するからです。

広い敷地を「最大限有効に」と考えても、必ず「建ぺい率・容積率」は
存在し、北側斜線・建物高さ制限その他、数十種類の法規定の中で建築
をしなければならない「強制」があるのです。

あなたが「注文住宅」と言っても、それは素人(失礼)の考える設計で
あり、プロの考える設定とは大幅に違うこともザラでしょう。

日中、家事のみの主婦と仕事を持つ主婦・生活状態その他の諸々の場面
を想定して、家族の動線や年配者を抱える家族等、あらゆることを前提
に、人間の動きの本質を捉えて効率よい生活を考えるのがプロの建築士
です。

「他人の芝生は青く見える」ごとく、ドラマでも「いかにもうまく」
生活しているように見えても、自分の現実とは違います。

その代表例は―――――
「L字型ソファで家族が団欒」などは現実にはあまり見かけられず、
ソファは夜遅く帰宅のご主人が床に座り、ソファに背もたれて食事を
取るなどが一般でしょうし、庭で白い丸テーブルで、両親が座ってお茶
を飲み、横で子供がバットをふるう――――映像があっても、実際に
そんな場面があるだろうか、というところでしょうか。

要は、人の生活などはどうでも良く、ご自身の新居を現実に合わせて
快適な居住形態にカスタマイズすることが大事ではないでしょうか。

「理想の住宅」は、法規定等で制限され、あり得ないのです。

以上、参考になれば幸です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
返信されるなら「回答リクエスト」(4千字可)の方が詳細な回答ができますよ「返信」(4百字)。リクエストは直接、当方に受信されます。
開くなら上記の公開IDからプロフィール左上の写真部分下をクリックで 可能です。(再回答は翌日以後になる場合があります)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる