ここから本文です

借地借家法、改正民法についての質問です。 借地借家法33条(造作買取請求権)...

tak********さん

2019/1/1411:42:53

借地借家法、改正民法についての質問です。

借地借家法33条(造作買取請求権)はクーラーや畳などを建物に付属させた場合これらを買い取るように貸主に請求できますけど民法599条とかだと借

主は付属させた物は収去しなきゃならないといけないと書かれています。

借地借家法が適用されるというのは分かるのですがそしたら民法っていらなくないですか?という疑問なのですがよろしくお願いします。

閲覧数:
26
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

cfd********さん

2019/1/1411:52:22

借地借家法が、民法の特別法なので、民法に優先して適用されるようになっています。他の法律も同じような扱いです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mad********さん

2019/1/1419:16:23

法律も民法も裁判所も要らないと思います。
無断転貸して換気扇とエアコンなんか壊れて、製氷機が無くて、敷金返せと不動産屋が同胞で、前借人に造作譲渡代払ってないで、連帯保証人がその日にラーメン屋で声かけて、アパートの2階でマットのレンタルを自営に直して、月収300万で、保証金80万返せと弁護士付けて
訴えられたから、普通の審議にしてやって、いきなり別室でジャンパー着たおっさんに、どこの誰だかわからない人に貸したんだ、造作譲渡なんかないわ、判決もらえばいいだろうと言われました。
司法士官というらしい、民間人と言ってました。
斜めに構えて肘ついてるのに驚きました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる