ここから本文です

関ヶ原の戦いから明治維新までと定義される時代区分が持つ問題点を発展史観を相対...

vhw********さん

2019/1/1520:21:18

関ヶ原の戦いから明治維新までと定義される時代区分が持つ問題点を発展史観を相対化する観点から考えるとどうなりますか?

閲覧数:
34
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/1/1521:20:55

>関ヶ原の戦いから明治維新までと定義される時代区分

江戸時代という、常識化した用語があるのだから、
それを使えば良いじゃないですか。
進歩史観的な立場から見れば、江戸時代は停滞の時代になります。

鎖国と呼ばれる、極端に制限された外交を行い、
内政では固定化された身分制度で、人が能力を自由に発揮する事が、
悪徳とされた時代、という事になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる