ここから本文です

スキーの「ズラシ」についてです。 ここの過去回答なども検索してみましたが ズ...

yuk********さん

2019/1/1522:16:55

スキーの「ズラシ」についてです。
ここの過去回答なども検索してみましたが
ズラシを纏めて解説している本やDVDなどは無いでしょうか?

先日スクールに入校してズラシが出来ないと上手くならないと言われました。
毎週スキー場には行けないので座学をしようと思ってるのですが良い出版物なのはありませんでしょうか?

閲覧数:
215
回答数:
7
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k_f********さん

2019/1/1604:25:58

yuk********さんへ

>スクールに入校して
>ズラシが出来ないと上手くならないと言われました。
まあ、そのスクールでも
https://www.youtube.com/watch?v=B7C8WMIsgeo

ってな醜態を晒してたりしますからねぇ。d(^^;)
案外難しくて、本質が理解されていないのかもしれません。

えっ? どこがマズいのかって? (^^;)
速度が乗る迄の間は、横から視て、丸で椅子に座ったかの様な後傾で、板後部の荷重配分・荷重負担を過剰にし、それで捻り押し出してズラしに入れている。
斜滑降からの最初の右ターン。
後傾気味のまま、内倒して内足にも荷重を過剰に配分する事でズラしに入れてる様に見えちゃう。
速度が乗って来たら余り拙くは見えなく成りますけど、白樺と言う、案外馬鹿に出来ない斜度環境でもコレじゃあ、お手本としては拙いんでないかい? と言う事で、識者との意見の一致を見ているのでした。f(^o^;)

基本はコレ
https://www.youtube.com/watch?v=zf6tX9IHGuQ
http://www.youtube.com/watch?v=2fnM7QRGEE8
http://www.youtube.com/watch?v=n7lREp598Wo
http://www.youtube.com/watch?v=0g0VUyUsXUE

で、「斜面に常に直角に立つ!」、内倒しない、切り替えでスッポ抜け後傾に成らない、のが肝だと考えています。
外傾姿勢に成る、
外側へ身を乗り出すという意識
で、エッジを外す。外した結果がズレ・横滑りに成って行く訳で、どんなに高負荷な滑りに成ろうとも、上体は内傾せず、常に斜面と直角を保つ意識
https://www.youtube.com/watch?v=TTboYL8CjaU&gl=JP&hl=ja

が大事、と考えるのです。d(^^;)
こういう、滑りのメカニズムを解説するのって、動画を交えないと難しいんじゃないかなぁ・・・と愚考する次第です。よって本は脱落。(苦笑)
動画は、、、どうかなぁ。。。です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

n11********さん

2019/1/1722:00:32

pwr********さんと同意見。

カービングの呪縛から解かれれば世界は変わります。
全旗門をフルカービングで滑れるセットはない。
強引に板を振ったり。その処理がタイムに大きく影響する。
ずらしの処理はカービングよりはるかに難しい。
(最初から最後までフルカービングが早いとも限らない)

人混み、超急斜面でフルカービングなんて現実的でない。
滑走条件が限られている。

カービングはずらしの延長にある。ずらしの配下でカービングする。
本当に難しいのはずらすことです。カービングは簡単。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jij********さん

2019/1/1620:48:29

『ズラシを纏めて解説している本やDVDなどは無いでしょうか? 』⇒無いと思います。10年前くらいのレッスン本には、「スキッド&カーブ」(谷回りズラシで山回りカービング)、「カーブ&スキッド」(谷回りカービングで山回りズラシ)などが記載されており、カービングターンについては解説してありますが、ズラシのそれはありません。ズラシてターンしろだけです。ズラスのは、先のお答えにもあるようにエッジを余り立てないで、横滑りやプルークターンのように滑る方向に対して板を斜めに向ければよいのです。ターン中にこれをやるためには、角付けをコントロールして、内脚を外旋、外脚を内旋すればターン弧に対してスキーが斜めになるのでズレがつくれます。そしてこれをやるためには、外向傾姿勢が必要です。1級の横滑りでも外向傾姿勢でないと進行方向に対してスキーが斜めになりません。スクールで『ズラシが出来ないと上手くならない』と言われたそうですが、上手くならないかどうかは別にして、ズラシができないと急斜面でスピードコントロールができないので段々加速して破綻してしまいますし、コブも滑れません。ただ、質問者さんもそんなことはないのではないですか?急斜面を滑ると破綻してますか?破綻しないのならズラシているはずです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ko_********さん

2019/1/1603:22:30

個人的な感覚ですが、「カービングで滑ることを目指しているうちに、ズラシの感覚は習得できる」と考えています。

いわゆるボーゲン(ハの字)で滑ることにより、ここで、ズラシの量やコントロールが身に付きませんかね?

正直、
>ズラシが出来ないと上手くならない
という意見が、理解できません。

そのスクールの先生が、昔の理論を支持しているか、世代的に高齢だったのではないかと推測しますが、いかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

jus********さん

2019/1/1602:52:50

YouTubeで
ski school tipsを!

橙色ウェア外国人動画で
#1#2#3#4...と見ると
ズラシの基礎があるょ。

板を履いて…
斜面下方に直角に立ち
板のエッジを利かせ停止
板のエッジを緩めてズレ
…この繰り返しで
…斜面をズリ落ちる!

次に…
斜面を斜めに…
ゆっくり滑走しながら
エッジを効かせたり
ズレを試したり!

…と
言葉わからなくても
動画から滑走手順が
簡単に理解できますょ!

がんば!(≧∇≦)b

プロフィール画像

カテゴリマスター

fuj********さん

編集あり2019/1/1522:50:46

いやー「ズラシ」が出来ないスキーヤーが居たらスキー場は事故だらけになると思いますよ。
ズラさないと延々とスピードが乗って行く。スキー場でみんなが事故なく滑っているのはズラシて減速してるからです。
よってそんな人はいません。
直滑降からスキー二本揃えて止まれませんか?
横滑りで降りられませんか?
プルークボーゲン出来ませんか?

質問者様がどのようなスキー操作の時、例えばパラレルターンでズラしが出来ないと上手くならないと言われたかわかりませんが、ズラシが上手く出来なければ質問者様は既に大怪我してるはずです。
直滑降からスキーを2本揃えて急停止が出来るのであれば、そのテールの振り幅をターンの中で少しずつ滑らかに配っていけばズラシたターンになります。
【余談です】
競技の世界ではインスペクションと言ってコースの下調べをするのです。そこでは小学生低学年ののレーサーが横滑りでコースを下見してるのです。
ズラすのが難しいなんて言ってる大人は小学生よりド下手のスキーヤーだと言ってるようなものです。カーヴィングスキーで例えばSL競技用の板だとしてもズラすのが難しい板なんて存在しません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる