ここから本文です

車専用の登山道が自転車に開放されたとしても、自転車が走れるとは限らないですよ...

アバター

ID非公開さん

2019/1/1721:42:34

車専用の登山道が自転車に開放されたとしても、自転車が走れるとは限らないですよね?香川県民です。香川県高松市には屋島という300メートルに満たない山があります。

海面が高かった時代は島だったので、そのような名前になっただけです。元々は山でないので、高くはないです。そこには屋島ドライブウェーという民営の有料道路がありました。そこは車専用でした。その有料道路は最近になって高松市に売却されたのか、市道に変わりました。名前も屋島スカイウェーに変わりました。そして、自転車にも開放され、自転車が通行することができるようになりました。料金所は廃止され、通行料金は無料になりました。山頂の駐車場に車や自転車を置くのは有料だそうです。自転車にも開放されたとは言っても、元々は車専用道路です。勾配も自転車での通行は考慮されていないはずです。自転車で走るのは大変だと思うのですが。私は電動自転車を持っているので、電動自転車で通行したことがあります。電動自転車は坂に強いはずなのですが、それでも大変でした。上り坂を走るのが好きな人にとっては絶好の場所なんですかね?

補足私は数百メートルくらいあって、それなりの勾配の上り坂をクロスバイクで上ってうんざりした記憶があります。私の体力がないだけですか?それとも、クロスバイクだったのが良くなかったですか?ロードバイクなら上り坂にも強いですか?電動自転車なら上り坂でも苦労しないのですが。

閲覧数:
83
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sid********さん

2019/1/2022:07:38

海面が高かったから島だったのではなく、今は埋め立て
で陸続きになっただけ。
ちなみに温暖化の今の方が海面が高いのですよ。

高松市中心部は戦国時代まで湿地帯が広がる荒れ地で寂
しい漁村がある程度の場所でした。
高松市そのものが何本もの川に挟まれたデルタ地帯で水
はけも悪く、人が住むのに適さない土地でした。
土地の豪族がなぜ平野部の多い高松に拠点を置かなかった
のか歴史が語っています。

今の屋島西町は殆が海だった場所で、国道11号線のあた
りまで海でした。
相引川が当時の海峡の名残ですよ。
埋め立てが始まったのは江戸時代の塩田開発によるもので
それ以前は完全に独立した島でした。
地形を見ればどこまでが海だったか今でも分かりますよ。

体より頭も鍛えた方が良いですよ。

上りは脚力と持久力です。
電動自転車は急坂を延々登れるような設計にはなっていな
いので、あのくらいの勾配だと焼け石に水ですよ。

奈良県の信貴山にケーブルカーの軌道をそのまんま道路に
した直線の急勾配の坂道がありますが、ホンダのラクーン
が発売された時に上ったところ、100mも行かない内に、
バッテリー切れになりました。

東讃地区でクライムヒル人口が高いのは大窪寺の横を通る、
白鳥から五名経由で長尾の多和に出る道を走る人が多いです。
峠に入るまで延々上りが続きますが、休憩ポイントや景色が
良いところもあったりで人気が高いようです。

ちなみにスカイウェーは元は私有地で日本一高い有料道路と
呼ばれていました。
有料道路がネックで屋島観光が衰退したと見て、屋島を観光
資源にと考えた施策で高松市が買い上げましたが、結局は駐
車場が有料になって、どっちが良かったのか分かりませんね。

それにしても上る力が無いんなら無理して自転車で上がらな
くてもと....思うのは私だけでしょうか。
90万円のパナレーサーに乗っても上がれないと思います。

昔は早朝・夜間は料金所が閉まるので中学生の頃、ママチャリ
で上まで上がったことがあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uji********さん

2019/1/1810:12:43

奥多摩周遊道路に似たシチュエーションだね~♪

アソコは…標高…1200メートルぐらいでした。

lis********さん

2019/1/1723:05:33

標高300m、山の多い日本だと典型的な裏山感覚です。ヒルクライムで有名な箱根の国道最高地点は874m、ヤビツ峠が761m。箱根はさほど自転車ライダーが多いとは思いませんがヤビツは時期問わず結構いますね。ヒルクライマーが好む走りごたえのある坂と比較するとちょっと物足りないかも。30分から1時間ぐらいかけて登る坂が走りごたえがあり好まれると思います。日本にはまだまだすごい坂あるんですけどね。挙げたらキリがないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cam********さん

2019/1/1722:18:33

屋島は確か一度行ったことがあります。歴史好きならワクワクする土地ですが、行ってみたらあれあれ? ですね(笑)
日本一の激坂は29%じゃなかったかな? それと較べればまだまだでしょう。標高差もたったの300mだしね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

syn********さん

2019/1/1722:02:39

そりゃー 絶好でしょう。

そのうち休日は自動車を締め出して自転車の坂上り大会が開催され、やがて全日本的一大イベント「屋島ヒルクライム」に成長するでしょう。

”屋島”って源氏のアレの那須与一の日の丸扇のアレですよね。

県の企業局・観光課、市の市民体育課を巻き込むのです。
これは当たりますよーっ!

そこで相談です。
ヒルクライムは頂上で表彰式のあと解散となりますが、多くのヒルクライマーは坂を降りるのが苦手で、自転車のブレーキも軽量化が過ぎて貧弱なのです。

私は「降ろす専用のトラック業者」を営業したい。

県外者でも参入できるよう市長に取り計らってください。
利益は 3:7 で、だって私が発案者だもの。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる