ここから本文です

武田勝頼の滅亡は長篠の戦いではなく、上杉氏の家督争いによる後北条氏との手切れ...

rit********さん

2019/1/1922:32:18

武田勝頼の滅亡は長篠の戦いではなく、上杉氏の家督争いによる後北条氏との手切れですか。

後北条氏との手切れによるものと考えられるのでしょうか。

後北条氏との手切れで高天神城への支援が出来なくなったことで家臣の支持を急速に失うのでしょうか。

高天神を支援しない勝頼に対して、配下であった国人層は従う理由がなくなったわけでしょうか。
助けへんやつに従う値打ちはないわけですね。

閲覧数:
167
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/1/2000:27:00

高天神城に対する後詰めの失敗が、
武田家滅亡の直接の引き金になったのは確かですが、
これと北条家とは、直接の関りは無いと思います。

高天神城の陥落は、徳川方が7か所もの付城を築き、
武田勢を近寄れないように遮断してしまったためです。
北条家と武田の抗争は、主として上野国の城の取り合いが中心で、
北条家が駿河の黄瀬川以西に進出するのは、
武田家滅亡の年である、天正10年になってからです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

川崎さん

2019/1/2201:04:37

武田家の滅亡の原因を考えると、私は勝頼よりも、信玄に責任があると考えます。

当時の武田家と織田家では、国力差がかなり開きつつありました。
しかし、信玄は織田家との共存ではなく、戦う道を選びました。
しかも、織田家から嫁を貰ったり、信玄の娘を嫁に出す約束をしておきながら、信玄は突然信長を裏切ります。

この行為に信長は非常に憤慨したようです。
この怒りはついに治まらず、勝頼が織田家との和睦するよう努力をしても、武田と織田との和睦は不可能となりました。

そして、長篠合戦の敗戦により、逆転は不可能となります。

つまり、北条との手切れや高天神城の落城以前に、武田家の滅亡はすでに決定的と言えます。
北条と同盟したままで高天神城が陥落していなくても、織田と仲直りしない限り滅亡は時間の問題であり、いずれ武田は滅亡したでしょう。

まとめますと、武田家の滅亡は信玄が織田家との敵対路線を取ったあたりから始まっており、長篠合戦での敗戦で決定的となりました。
その後の北条との手切れや高天神城の落城などは、もはや滅亡が早くなるか遅くなるかだけの問題です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる