ここから本文です

2019年 センター試験 日本史B

アバター

ID非公開さん

2019/1/2118:27:34

2019年 センター試験 日本史B

大問2 問6 の問題について質問です。
下線部f・・・平安時代の地方社会における田地の実態

正解は④でした。

〈質問1〉公営田、官田は朝廷が設置したものですか?
私は朝廷=天皇と考えていました^^;
しかし、調べてみると朝廷は天皇が政治を行う機関とありました!そして、用語集には公営田とは「国家の直営田」と書いてありました。平安時代は天皇親政=朝廷=国家 という考え方でいいのでしょうか…
また勅旨田との違いも教えてほしいです(ToT)


〈質問2〉④の誤っている箇所は 「戸籍に基づく支配が強化された。」ですか?
人頭税→土地税にかわったことで戸籍の支配にどのような影響があるのかわかりやすく教えてください。

解答お待ちしております!m(_ _)m

戸籍,朝廷,官田,公営田,天皇親政,律令体制,公地公民

閲覧数:
131
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zen********さん

2019/1/2209:34:06

〈質問1〉
まず、基本的な理解が間違えているようです。

勅使田、公営田、官田といったものは、9世紀の平安時代になって律令体制の崩壊により、皇室、大宰府、各役所の経費が捻出できなくなったために特別措置で行われたものです。

・皇室の費用を捻出するための占有田が勅使田。
・大宰府の経費を捻出するための占有田が公営田。
・役所の経費等を捻出するための占有田が官田です。

※所有ではなく、占有。元来は公田(口分田)だが臨時に使わしてもらうということ

朝廷が設置したというのではなく、緊急の臨時措置として例外的に認可した性質のものです。
まだ朝廷は律令体制の基本である公地公民の原則を保持したかったので、設置したというのは正しくありません。

その証拠として、律令の復活を試みようとした醍醐天皇の治世で出された、延喜の荘園整理令では勅使田は公地公民の原則に反するから禁止とされています。


〈質問2〉
人頭税というのは世界史的な言い方ですね。

日本の律令体制の基本は六年一班制。
つまり、6歳以上の人民(男女)に耕作させる農地を割り当てて、税を取り立てるものです。

6歳の子どもが農作業などできますか? 無理ですよね。
要するに現実は6歳以上の子がいれば、その分その家の大人が農耕する耕地を担当しなければなりません。負担増です。

また律令は庸や調といった税もありました。雑徭という名の労役税も兵役までありました。これらは男子に負担がかかります。

律令体制というのは人に対して課税を強化している税なのです。
このため農民は対抗策として
①戸籍を偽る(偽籍)→②非課税だった僧侶になる(私度僧)→③逃げる(浮浪・逃亡)
となっていきました。

土地税というのは、皆さんおなじみの検地による税です。

「ここの田畑は誰が耕作しているのか?」

という土地を基準にしており、その土地を耕すことになっている農民が税(年貢)を負担します。

律令の戸籍は男女の別、年齢があり、どこの土地に居住しているかを示すものです。現在の戸籍とほぼ同一です。
戸籍を基準に税を負担させていたので人頭税です。
戸籍がでたらめになると、それを基準に税を取ることは難しくなります。

土地税は土地の所有者、土地の耕作者(占有者)を明らかにして課税します。
土地は逃げたり、移動したりしないので、税は取りやすいのです。

戸籍を基準とする人頭税は人民が逃亡したりしたため、まったく役立たずになり、平安時代中期の10世紀には消滅しました。

三善清行の意見封事という史料にそのことが書かれていますよ。

アバター

質問した人からのコメント

2019/1/28 03:48:02

遅れてしまいすみません!
詳しくかつとてもわかりやすかったです。ベストアンサーに選ばせて頂きました。
回答してくださった皆さんもページを貼ってくださったり、簡単にまとめてくださったりアドバイスをしてくださったり大変感謝しております!
なんとなくわかっているようでわかっていないを痛感したセンターでした(T_T) 志望校合格へ向け、きちんと理解しながらもう一度勉強します!皆さん本当にありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ほちえさん

2019/1/2201:40:57

>〈質問1〉
朝廷は天皇や豪族・公卿が集まって政治を行なう場所。
そこから他勢力(蝦夷や幕府)との比較で天皇を中心とする勢力を朝廷ともいいます。
天皇親政以外で、摂関政治や院政を含めて朝廷ということもあります。

>〈質問2〉
http://nihonshikaitou.seesaa.net/article/463744923.html
律令制では個人単位の田を把握して、その個人から税を取っていました。
だから個人単位の戸籍が必要でした。
でも戸籍をつくるのが大変になったので、地域の有力者に周辺の人の分の税をまとめて納めてもらうようにしました。
それなら個人単位で細かく管理しないで、有力者と徴税対象の土地の関係だけ把握してればいいので簡単です。

tak********さん

2019/1/2119:28:14

人じゃなくて土地に注目するようになったのに、なんで人を管理する戸籍の支配が強くなるのかなぁ?いや、ならんなって思いました!
用語に関しては、ここに質問するより用語集などを参照したほうがいいと思います。

ひーくんさん

2019/1/2119:19:52

その通りです!
課されることになったため戸籍に基づく支配が崩壊したのです
そこ僕も間違えちゃいました

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる