ここから本文です

1対の遺伝子の相互作用って、どういう意味ですか?種類が同じって事ですか不完全...

kei********さん

2019/1/3122:00:03

1対の遺伝子の相互作用って、どういう意味ですか?種類が同じって事ですか不完全優勢、致死遺伝子がありますが。あと、体細胞分裂と減数細胞の違いって何ですか?

減数分裂の後に染色体数が半分になるって、参考書に書いてありますが、最後には元に戻るのですよね?親子の染色体でも最後は元の数になってます。なのに、生殖母細胞2n=4、最後はn=2となってますが、矛盾していませんか?

閲覧数:
16
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ple********さん

2019/2/216:32:21

質問内容が不十分なので想像で回答します。ここで言う一対の遺伝子の相互作用は、2個の遺伝子が揃った時に初めてある表現型が現れることを指すと思います。例えば不完全優性なら、花色を白色にする遺伝子と赤色にする遺伝子が揃ったとき初めてピンク色の表現型が現れる。致死遺伝子の場合は、劣性致死の遺伝子が2つ揃ったとき初めて致死になる、といった具合です。

減数分裂は配偶子ができるところまでの過程を指します。染色体数が元に戻るところは含みません(これは受精と呼ばれます)。生殖母細胞2n=4の場合、減数分裂後にはn=2の半分で良いのではないですか?勘違いだったらすみません。

質問した人からのコメント

2019/2/2 19:58:14

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる