ここから本文です

iPhone XSよりもXperia XZ3の方が画素数は多いですがカメラ性能は画素数だけでは決...

sho********さん

2019/1/2421:56:32

iPhone XSよりもXperia XZ3の方が画素数は多いですがカメラ性能は画素数だけでは決まりませんよね?また、画素数が高いとどのようなメリットデメリットがありますか?

閲覧数:
46
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gik********さん

2019/1/2423:17:15

画素数によって基本的な解像度が決まります。画素数が高いほど解像度は高くなると言うのが一般的です。ただしレンズ性能が伴なっての話です。

ディメリットはセンサーサイズが同一だった場合、同じ面積上に多くの画素を配置することで一つづつの画素面積は縮小されます。画素面積=光を受けられる量ですから、画素面積が小さくなるほど光量が少ない暗所での感度は低下します。

ただ、こういった理論は一般論で、センサー面積が同じで画素数も同じだからといって必ずしも有効画素面積が同じとは限りません。裏面照射(Back Side Illumination)を採用すれば有効画素面積は約2倍になりますし、素子を覆う配線層の配線を微細加工(細く)にすれば有効画素面積は増えます。おなじく配線層の厚みを薄くすれば面積が同じでも取り込む光量を増やすことが出来ます。

そして、最近では感度アップを狙ってフルサイズセンサーにも裏面照射型のCMOSを採用する機種がありますが、高感度(約2倍)に出来ると言うメリットもありますが、センサー層を薄く切り取ってしまうため半導体部分の体積としては小さくなり(開口部は広いが深さがない)電子の数の保有率は低くなります。そのため大光量を収めきれずにサチュレート限界が低く(すぐに飽和状態となる)ダイナミックレンジを上げるには不利な形式ともいえます。

数年前まではコンデジ程度の小さなセンサー(感度面で絶望的)にのみ採用されていました。バックサイドを切り取った部分にノイズが乗りやすいとか、暗所特性はいいが日中の明るいシーンでノイズが乗るとか白飛びを起こしやすいなど様々な問題を抱えていました。現在ではかなり進化したようです。

さらに、画質というところまで話を広げるとセンサーサイズ、画素数が同じでも各画素に設けられたノイズリダクション及びアンプの性能(ノウハウ)だけで高感度時のノイズの出かたは変わって来ます。センサー以降の画像処理エンジンによってもノイズの量や解像度、発色、諧調、など全てが違ってくるので数値だけで画質を問うことは出来ません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる