ここから本文です

ダイワハウスに詳しい方教えてください。 注文住宅をダイワハウスで契約しました...

sof********さん

2019/1/2800:43:54

ダイワハウスに詳しい方教えてください。
注文住宅をダイワハウスで契約しましたがxevoΣとBの違いがわかりません。

担当の方は最初からxevoBという商品で見積もりを出してきました。その方

が言うには「大きな違いは有りません。一面全体を窓にしたいと言うようなご要望が無ければBで十分だと思いますので提案させてもらいます。」とのことです。(免震の鉄骨はなぜか特別にサービスで入れてくれる契約になっています。)

ここにきて疑問を持ったのは、Σであればもっと選択肢が多かったのでは?と思い始めたからです。また、性能や価格の違いもはっきりわからないまま契約してしまったことを後悔している部分もあります。
建築予定地が防火地域ということもあり、外壁や玄関扉などの選択肢がとても少ないです。好みの物がなくてもこの中から選ばざるを得ないので、悲しく思いながら毎回打ち合わせをしています。そんな選択肢なのに間取りを変更したり収納を少し増やしたりするだけで見積もりがどんどん上がっていき、家造りへの気持ちが落ち込むばかりです。

BというΣより格下であるはずの商品なのに見積もりが高過ぎるのではないか?担当さんの思う壺で都合の良い客になっているのではないか?見積もりは妥当なのか?と不安や不満が募るばかりで、今からでも契約破棄したいくらいです。

夫が鉄骨でなければ嫌だと言うことで初めからダイワハウスか積水ハウスしか考えていませんでした。わたしは積水さんのデザインや雰囲気が気に入っていましたが、予算オーバーなので諦めました。
妥協してダイワハウスなのに好みの外観でもなく価格も高く…で良いことがありません。

取り留めもなく長くなりましたが、Σを選んでいれば全てがまだマシだったのか?と思い立ち質問致しました。
よろしくお願いします。

閲覧数:
1,172
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2019/1/2814:13:08

「間取りを変更したり収納を少し増やしたりするだけで見積もりがどんどん上がっていき」
間取り変更や設備追加等を終えた最終プランで価格提示を受けて契約すべきです。
契約後の変更や追加は高額になります。
「夫が鉄骨でなければ嫌だと言うことで初めからダイワハウスか積水ハウスしか考えていませんでした。」
今後は新断熱基準となって断熱の低い家は建てられなくなります。
対応が難しいので軽量鉄骨の家は姿を消していくと言われており、積水ハウスやダイワハウスも木造の家が多くラインナップに入ってきています。
「妥協してダイワハウスなのに好みの外観でもなく価格も高く」
そもそも二択で選定が間違っています。
そして、各社とも住宅のグレードは各種あるので、それぞれに具体的な提案書を依頼して、耐震や断熱性能・外観・間取り・設備内容等を総合的に比較検討すべきです。
契約時の約款で解除規定を確認の上で再検討して下さい。
ちなみに、ダイワハウスの売上の内、戸建住宅の割合は2割以下です。
賃貸住宅や商業施設、事業施設など、戸建て住宅以外で収益を伸ばしています。
少子高齢化により、住宅の需要減少の流れに逆らう訳にはいかず、事業の多角化を図り、ハウスメーカーからデベロッパーへシフトしています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「大和ハウス」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oos********さん

2019/1/2813:39:19

私も以前ΣではなくBを勧められました。
Σは鉄骨の形と家の構造が違う。耐震等級3の1.5倍の強さらしい。制震構造が異なる。天井の高さが違う。選べるオプションが違う。そもそも基礎からして違う。
ここまで違うと2階建てだと間取りにも影響します。

HPを見ただけでもこれだけ違いがあるのに・・・耐震性能は両者ともに等級3だから同じ。と営業さんに言われました。HP上に違いを書いてあるのに、等級が同じだから違わない。という回答は矛盾していると私は思いました。

Σを選んだ方がオプションも豊富だった。と記憶してますが、まずは予算が大事でしょう。

例えばセキスイハイムとかの鉄骨ユニット系なら、商品によって鉄骨自体が異なる事はないですし、同じユニット構成の家ならどの商品でも同じ間取りを作れます。ただダイワの場合は構造自体が異なるため、商品が異なると同じ間取りは作れない場合が出る。と思います。

msk********さん

2019/1/2805:27:22

xevoBはいわゆるダイワの標準的な家で
xevoΣはダイワの高級な家です。
材料から工法までランクがすべて上ですね。

たとえば、高耐震
震度7クラスに耐えるxevoΣ
持続型耐震
天井高2m72cm
KIRARI+(きらりプラス)

xevoΣ
https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/technology/sigma/index.html


xevoE / xevoB
xevoテクノロジー
https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/technology/steel/index.html


選べるモノからして違うようになっていますので
あきらかに違うものです。

地震でも
xevoΣは耐震等級は2.25倍で
かなりの性能です。

xevoΣでは、安定性が高い
1辺80mmの角形鋼管柱を標準採用しています。


xevoBはいわゆる標準的な家で
地震に強い家

軸組(柱)を、
2つのパネルフレームで両側から挟むタイプです。

あきらかに家の構造自体がまったく違い
基本的な家の間取り等が変わってきます。

xevoΣでは見積もりオーバーになると
思って最初からxevoBで出したのだと思いますよ。

下ではなく標準タイプですから
見積もりが高すぎるということは無いと思います。
事実積水ハウスより安かったわけですから。

xevoΣは高級ですからもっと高いですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる