ここから本文です

なんだか雅な漢文をみつけましたが

mat********さん

2019/1/2922:16:56

なんだか雅な漢文をみつけましたが

どう読めばよいか分かりません
この漢文を日本語訳して
いただけないでしょうか?

よろしくお願い致します。

漢文,高山流水,日本語,聴き手,せいふう,りゅうすい,こうざん

閲覧数:
41
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

plm********さん

2019/2/322:22:36

こうざん りゅうすい し せんしゅ
めいげつ せいふう さけ いっこ

と読むのでしょう。意味は以下のようなものだと思います。

流れる川のほとりに高い山がそびえ、
空に美しい月がかかり、
爽やかな風が吹いてくる。
そんな景色を眺めながら酒を飲めば、
溢れんばかりに詩がうまれてくる。

中国文人の理想的な隠遁生活なんでしょうね。

質問した人からのコメント

2019/2/3 22:24:23

素晴らしい回答です
しかも美しさに感動しました
ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mon********さん

編集あり2019/2/310:51:14

高山流水
詩千首明月清風酒一壺

『高山流水を想って
千首の詩を思い浮かべる。
月は明るく風は清し、私は一壺の酒を酌む。』

ということではないでしょうか。

高山流水にはもともと有名な話があり、
琴の名手である伯牙が、高山を想って琴を弾くと、聴き手である鍾子期が泰山の如しと評し、
また、流水を想って弾くと江河の如しと評したという話で、弾き手と、聴き手の間に独特の世界観が生まれていくのを想像出来ます。
『高山流水=そういった物語を含んだ妙なる音楽』という意味があるととらえられます。

man********さん

編集あり2019/1/2923:54:39

古い連句で、原文は
高山流水詩千首
明月清風酒一船

深遠な意味についてはよくわかりませんが、小舟に乗って考えを巡らせながらいくつもいくつも詩を作る作者と、高い山や流れる水、頭上の明るい月や風、船上に広がる酒の香気が感じられるような内容ですね〜。

酒一壺なら、ひと瓶のお酒だけを傍らに置いてひたすら詩作するような。ちょっと孤独感感じたり、それだけで満ち足りている気持ちを感じたり。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる