ここから本文です

くだらない質問ですが マタイ9:9〜 イエスはそこをたち、通りがかりに、 マ...

アバター

ID非公開さん

2019/2/210:18:16

くだらない質問ですが
マタイ9:9〜
イエスはそこをたち、通りがかりに、
マタイという人が収税所に座っているのを見かけて、
マルコ2:14〜
そして通りがかりに、

アルファイの子レビが収税所に座っているのを見かけて、
ルカ5:27〜
その後イエスは出て行って、
レビという徴税人が収税所に座っているのを見て、

収税所に座っていたマタイを弟子にした日と
収税所に座っていたレビを弟子にした日は
違う日と考えていいですか。

閲覧数:
48
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2019/2/214:45:00

ああ、聖書を文字通りにではなく、「聖伝に従って解釈する」なら、マタイとレビは同一人物と解釈される。

だけど、同一人物と解釈する必然性は聖書の中にない。確かに、マタイ福音書は「取税人」というキーワードを補って、使徒マタイとその物語を結びつけようとしているが、それ自体はレビとマタイが同一人物であることを意味するものではない。

おそらく何度も同じような出来事はあっただろうし、同じような伝承が別人の名前で伝わったこともあるだろう。そもそも、マタイ福音書が想定している日付と、マルコ・ルカの文脈における日付はちょっとズレているので、確認してみるといい。

同じようなストーリーを語りながらも、何か異なるものを示そうとするのはよくあることだ。マタイはそのストーリーで何を言わんとしているのか? そういうのを考えながら読むのが、「聖書を文字通りに解釈する」ことの醍醐味だわな。

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/6 20:22:20

別人かもしれないし同一人物かもしれない。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

地の塩さん

2019/2/211:56:24

同じ日です。同じ出来事を述べています。マタイとレビは同一人物です。

マルコとルカ福音書には、レビ(マタイ)はそのあと、自宅にイエス一行を招き大ぶるまいした、と書いてあります。
しかし、なぜかマタイ福音書には、そのあとイエスたちは皆で食事をした、と書いてあるだけで、誰の家で、とは書いてません。

もしかしたらマタイは謙遜して、自分の家でイエスをもてなしたことを書かなかったのかもね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる