ここから本文です

投票受付終了まであとわずか ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

睡眠時間のゴールデンタイムについて教えてください 22時から2時の4時間がゴー...

lxc********さん

2019/2/223:37:20

睡眠時間のゴールデンタイムについて教えてください

22時から2時の4時間がゴールデンタイムで肌のターンオーバーが一番よくされると聞きます

ただ自分の場合仕事の関係上どうしても帰って

くる時間が遅く次の日の準備などで遅い時は2時前ぐらいの睡眠になってしまいます

起床は大体9時ごろです
こういう生活の場合ってどうすればいいのでしょうか?
そもそも22時から2時というのもその人の普段の活動してる時間帯によって多少前後してると思うのですが、どうなのでしょうか?

閲覧数:
38
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

kei********さん

2019/2/413:29:29

間違ってはいるんだけど、正しい点もあり……。

結論から言うと、いつどんな時間に寝ようと自然と寝ればそこからの3時間がゴールデンタイムです。
起きたら4時間以内に日光浴をすれば睡眠の質は良くなり、そしてその生活を続けると自然と22時~23時ごろに寝る活動サイクルに変わっている事でしょう。
そして適度に日光浴をしていれば、紫外線によって皮膚で直接ビタミンDが作られ、肌の健康も保たれます。
以下、グダグダと理屈説明。

そもそも22時から2時というのは平均的に人が良く寝ている時間という話であり、統計の嘘です。
統計の嘘とは、調べたらもっともらしい結果が出るけど、因果関係など無い事を意味射ます。
例えば犯罪者が犯罪を犯す24時間以内にある物質を摂取している事が統計で分かりました、さてこの物質を禁止しますか?
物質の答えは水です。「危険だ禁止しよう」と思わせるのが嘘という事ですね。

睡眠の場合のゴールデンタイムは、その人の普段の活動してる時間帯通りに自然と眠ってからの3時間です。
なので「22時から2時の4時間がゴールデンタイム」というのは、22時~23時頃に寝ている人達が多いからそういう統計になったというだけの話です。

ただし、それだけでは終わらないのがこの話。

睡眠の時間帯というものは光刺激と密接に関係してきます。
健康な睡眠には、寝起き後の4時間以内の強烈な光は不可欠です。
人は寝起き後に日光浴をしまくると少しづつ地道に早寝の睡眠サイクルになり、光を全く浴びないと次第に夜更かし寝坊型に変わっていきます。
長期休暇で学校に通わない(朝、外に出なくなった)学生が昼夜逆転するのは、このためです。
そのため平均値の22時~23時頃に寝ている人達は、起きた後に自然と健全に日光浴をしている生活だろうと想像が付きます。
そして寝付くのが遅れがちな人は日光を浴び損ねる事もある生活です。

紫外線を肌に浴びると、皮膚で直接ビタミンDが作られます。
紫外線を完全ガードしてしまうと、栄養失調のニキビ肌荒れ皮膚になります。
日焼けしすぎて起きる問題は、歳を取った後のシミ・ソバカスであり、歳を食ってから美しい皮膚を維持したいから、若い今は病気になりがちの貧弱皮膚で良いとかでは、本末転倒ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる