ここから本文です

英語の小論文の添削をお願いします! 大学受験の二次が小論文なんです、 アドバイ...

ohw********さん

2019/2/712:42:26

英語の小論文の添削をお願いします!
大学受験の二次が小論文なんです、 アドバイスよろしくお願いします!

テーマは「チームで協力して何かを成しとげた経験から学んだこと」

Last year, there was the sports festiva

l in scool. We practiced playing valleyball every morning for the tournaments. We advised and helped each other. When someone made a mistake,we encouraged her and tried to concentrate on playing soon. Everyone came to scool early to practice valleyball. When playing valleyball,I always tried to be responsible for each play.
In the sports festival,we won the semifinal game but we lost the final game. We were disappointed,but I felt that we could get closer because we took more communication and improved by helping each other.
From this experience,I learned that it was important to do things with all teammates. If you make an effort only by yourself,you will not keep motivated. I realized that our relationship got deeper when we cooperated. Also,I learned that it was necessary to be responsible for doing things. If every have a responsiblility,the results will be better.

閲覧数:
43
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/2/714:23:40

Last year, we had a sports festival in my school.

We practiced volleyball every morning for the tournament.

We advised and helped each other.

When a member made a mistake, we encouraged her and tried to make her concentrate on the play.

Every member came to school in the early morning to practice volleyball.

Practicing volleyball, I always tried to focus on each play.

In the sports festival, we won the semifinal game but lost the final game.

We were disappointed, but I felt that we could get closer with each other, because we tried to help each other and it brought more communication throughout the festival.

Thanks to this experience, I learned that it is important to cooperate with each other to aim for victory.

If you make an effort just for yourself, you will never be kept to be motivated.

I realized that our relationship got deeper through we cooperated.

Also, I learned that it is important to act with responsibility.

If everyone acts with responsibility, the results will be better.

1.冠詞の使い方がよくわかってないようですね。下記が参考になるかも。
2.日本語の発想をそのまま英語に持ってきては具合が悪いので、英語ではなんていうかなと考えて作文すると良いと思います。

皆さんの質問で、「英単語の覚え方」と、「長文解釈」、「冠詞」が多いのでまとめています。お役に立てば。

英語の効率的な勉強方法


(1)効率的な長文解釈のコツ

長文読解の肝は、いかに早く文章の構造を把握するかでしょう。

1.まず最初に、全文を読みながら、「動詞」と思しきものにすべて〇をつけていきましょう。慣れてくれば節ごと頭の中で動詞に着目するということになりますが。

2.動詞がわかれば、その主語、目的語などが浮かび上がってきます。要するに文章の構造が見えてくるということです。

3.S+V+Oなどで節が構成されますので、そこに/を入れていきます。
おそらく、ネイティブも、動詞を手がかりに文章を理解しているものと思います。

4.実際にやってみましょう。

A friend of mine once told me that when she and her husband were having a disagreement, he made a face which struck her as so comical that she burst into laughing.(愛知県立大学)

A friend of mine(S) once told(V) me(O) /(told)
「私の友人の一人がかつて私に話しました」

that when she and her husband(S) were having(V) a disagreement(O), /(were having)
「彼女と夫が口喧嘩したとき、」

he (S) made(V) a face(O) /(made)
「夫は表情をした」

which(S) struck(V) her(O) as so comical /(struck) ← この辺りは想像力を発揮して意訳
「彼女の意表を突くおどけたような。」

that she(S) burst (V) into laughing. /(burst)
「その結果、彼女は吹き出してしまった。」

*()内が動詞
*so comical that she burst (so ~ that)

その他:

① これはリスニングにも応用できます。

② 所詮英語は日本人にとって、とっても難しい外国語です。それを100%理解するには、大いに想像力、推理力を発揮して補う必要があります。
そのためには雑誌を読んだり、ニュース、新聞に目を通したりして、幅広い常識を育てると役に立つと思います。

③ 英語を訳したら、一旦英語を離れて、「全身全霊」で、この文章は何を言っているのか、筆者は何を言いたいのかをよく考えてみましょう。その際、常識や想像力を働かすことは言うまでもありません。
そして、それらに従って、日本語らしい文章を「作文」しましょう。いつまでも英文を眺めて、わけの分からない日本語にしても、点数のとれる訳文にはなりません。


(2)効率的な英単語の覚え方

1.覚えたもの(短期記憶)は1時間経てば半分は忘れます。1日経てばほ80%は忘れます。 折角覚えても、そのままにしておくと、「見たことはあるけどわからない」単語を増やすだけになります。 また、一からやり直し、こんな勿体ない話はありません。(下記忘却曲線参照)
私たちはこれを繰り返しているのかもしれません。

2.これを防ぐには、1時間後、1日後に思い出してみること。そこで思い出せないものをもう一度覚えなおす。そして、翌日、翌々日と、覚えきれていないものを覚え直す。およそ4回くらいこれを繰り返すと、記憶は固定化する(長期記憶化)と言われます。
「覚えるよりも、復習して記憶を固定化するのが大事」、ということです。

3.覚えるときには、思い出すときのキーとなる「タグ」をつけて覚える。むやみに書いて覚えたりせず、語呂合わせとか、映像化して覚えるとかしましょう。
例えば、"gigantic"=「巨大な」を覚える場合、「giganticなジャイアンツ・ドーム」と、「長嶋選手が引退挨拶をしている東京ドーム」をイメージして覚えましょう。
単語単体で覚えず、 curious(珍しい)なら「 curious パンダ 」で、動物園の前の人だかりを想像しながら、curious パンダ と憶えるということです。映像化するほうが、忘れにくく、思い出しやすいということです。
円周率を何万桁も覚える名人は、全て、物語にして憶えています。そうすることによって、忘れないだけでなく、思い出しやすくなるのです。

4.睡眠が初期の記憶処理に必須である事はすでに証明されております。学習したその日に眠ることが重要です。脳は眠っている間に、眠ることなく高度な記憶に関わる仕事をしているのです。記憶の固定化には睡眠が必須です。よく眠りましょう。眠る前に大切なことはもう一度思い出しましょう。
試験当日、早起きして覚えようとしても役に立たなかった経験をお持ちでしょう。睡眠を経ないと記憶は固定化しません。
最近、NHKTVで面白い実験を見ました。赤ちゃんの前で実験者がミトンを脱いでそれを別の手で上下に振ります。そして、ミトンを元の手にはめます。それを見たあと赤ちゃんをすぐ昼寝させます。そして、目覚めて同じ実験をすると、赤ちゃんは自らミトンを脱がして振って、元の手に戻すのです。一方、昼寝をしない赤ちゃんは再び実験しても全然憶えていませんでした。

(エビングハウスの忘却曲線)
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%BF%98%E5%8D%B4%E6%9B%B2%E7%B7...

①早速、毎日10個覚えてみましょう。1時間ほど時間を置いて思い出してみましょう。覚えきれていないものをもう一度覚え直しましょう。

②睡眠前にもう一度復習して、覚えきれていないものをしっかり頭に入れて眠りましょう。

③翌日新たな10個を覚える前に、昨日覚えた10個を思い出してみましょう。覚えきれていないものをもう一度覚え直しましょう。そして新たな10個を覚えて、昨日と同じように1時間位置いて思い出してみましょう。覚えきれていないものをもう一度覚え直しましょう。

④翌々日、これまでで覚えきれていないものをもう一度覚え直してから、あらたな10個を覚えましょう。時間を置いて覚え直す。繰り返しです。

⑤どうしても覚えきれないものを一覧にして、しょっちゅう目を通して征服しましょう。
コツは、ペーパーから目を離して、宙で復誦することです。見続けてはいけません。これが復習1回になります。

1年間で3,650個、3年間で10,000個の英単語が新たに身につきます。英単語に関しては、東大合格間違いなしでしょう。


「大事なことは、覚えるよりも、復習すること!」です。これによって記憶は「長期固定化」されます。

これは英単語に限ったことではありません。「大事なことは、覚えるよりも、復習すること!」です。

I wish you for success!

(3)冠詞の用法

冠詞は日本語にはないので、大変難しいですね。基本をおさえておきましょう。
"the" は "this","that" の省略形であることを抑えてください。つまり、「あの」、「その」、「この」です。

I dropped in at “a” coffee shop in Akihabara.
私は秋葉原で「とある」喫茶店に立ち寄りました。

“The” shop was very beautiful.
「その」喫茶店はとてもきれいでした。

もし、この "a" と "the" を間違って使ったり、冠詞がなかったりしたら、ネイティブには"???" でしょう。「冠詞侮るなかれ」です。

あなたが中学の同窓生と話していて、話題がその中学校時代によく行った喫茶店に及んだ際の喫茶店は「とある」喫茶店ではなく、「あの」喫茶店ですから、
We usually met at "the" coffee shop.ですね。学校も”とある”学校ではなく我々の通った「あの」学校ですから、"the“ school ですね。

太陽も月も、みんながよく知っている「あの」太陽であり、「あの」月ですから、"the" Sun, "the" Moon ですね。

お互いの共通認識があれば、「とある = a」ではなく、「あの、その」、つまり、"the" ということです。

あと、冠詞は奥が深くて日本人には手に負えませんが、上記さえしっかり頭に叩き込んでおけば、何とかなるでしょう。

以上、お役に立てば。

質問した人からのコメント

2019/2/12 13:51:29

助かりました。ありがとうございます!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる