ここから本文です

B-CasカードをBlack-Casカードにする法的問題の根拠はどこでしょうか?

ele********さん

2019/2/716:17:47

B-CasカードをBlack-Casカードにする法的問題の根拠はどこでしょうか?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000029-asahi-soci
このニュースに以下のコメントがあり気になりました.
コメント自体が憶測なのかもしれませんが,憶測による回答はご遠慮ください.
判例があれば尚ありがたいです.


↓↓ヤフコメより↓↓

下取りしたテレビに入っていたB-CASカードの所有権が誰になるかという部分で争う余地はあるね。
そもそもシュリンクラップ契約は開封した時点で、権利所有者と使用者の間で使用契約が成立するという建前で成り立っている。
つまり、中古テレビを下取りに出した人がそのテレビに入っていたB-CASカードについて、約款に同意した使用者として自覚があったのか無かったのか。
一般的には、買ったテレビに付いてくる付属品なんだから、B-CASカード自体の所有権も自分にあると思っている人が多数だからね。
また、下取りに出した時点で全て廃棄したと認識していればその契約自体怪しい。第三者へ契約譲渡手続きなんてしていないだろうし。
所有権を放棄され、この電器屋が回収して自分で所有権を持っているB-CASカードを書き換えて自分のテレビを騙して使っても何ら問題無い訳です。
空に放たれている電波を受信する行為は違反では無い。

補足eds********さんすいません,なぜか投稿がうまくいかないのでk32********さんの返信のほうに付け加えさせていただきました.回答いただければ幸いです.

閲覧数:
240
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fra********さん

2019/2/1016:23:25

B-CASカードのBlack-CASカードへの変造と使用は、いずれも刑法(電磁的記録不正作出及び供用罪)で禁止されています。


○変造した者
罪名:電磁的記録不正作出
罰条:刑法第百六十一条の二第1項

○使用した者
罪名:電磁的記録不正供用
罰条:刑法第百六十一条の二第3項

(電磁的記録不正作出及び供用)
第百六十一条の二
人の事務処理を誤らせる目的で、その事務処理の用に供する権利、義務又は事実証明に関する電磁的記録を不正に作った者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
3不正に作られた権利、義務又は事実証明に関する電磁的記録を、第一項の目的で、人の事務処理の用に供した者は、その電磁的記録を不正に作った者と同一の刑に処する。
4前項の罪の未遂は、罰する。


>>空に放たれている電波を受信する行為は違反では無い。

引用なさったコメントのこの部分は電波法上正しく、受信自体は合法です。しかし、電波をアンテナでキャッチした後、視聴等のために必要な電波信号処理プロセスにおいて、本来必要な契約情報の電磁的記録を不正に作成する行為は、刑法犯となってしまいます。

有料放送事業は、放送事業者が正規B-Casカードに載った契約情報によって確実に料金回収することで成立しています。ですから、Bk-CASカードのBlack-CASカードへの変造は、放送事業者という「人(法人)」の、料金回収という「事務処理」を誤らせる目的で、契約情報という「その事務処理の用に供する権利、義務又は事実証明に関する電磁的記録電磁的記録を不正に作った」ことになり、上述の刑法条文第1項の犯罪要件に該当します。使用についても、第3項の犯罪要件に該当します。

これは近年追加された条文ですが、地裁レベルでの有罪裁判例は複数あります。ただし、条文が比較的細かく書き込まれて要件が明確ですし、変造目的が不正無料視聴しかなく、立件には物証が必須ですから、裁判での論点は量刑以外にない、法曹の観点ではつまらない事件のようです。ですから、高裁までいった事件は確かまだなく、主要な判例集にも載っていないようです。

  • 質問者

    ele********さん

    2019/2/1017:05:19

    回答ありがとうございます.
    まさしく求めていたものです

    >>視聴等のために必要な電波信号処理プロセスにおいて、本来必要な契約情報の電磁的記録を不正に作成する行為は、刑法犯となってしまいます。

    納得いたしました.


    >>高裁までいった事件は確かまだなく

    そうなのですね.

    ありがとうございました

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

eds********さん

2019/2/716:58:11

B-CASカードの所有者はビーエス・コンディショナルアクセスシステムズにあるのであって使用者にはありません。借りているだけです。

それに有料放送を無料で見れるように改ざんしているから罪になる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

k32********さん

2019/2/716:51:21

B-CASカードの所有権は、常にB-CAS社にあります。
TVの所有者ではありませんよ。

https://www.b-cas.co.jp/support/faq/category06/faq030.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

sat********さん

2019/2/716:50:21

B-CASカードの所有権の問題ではなくwowowやスカパー!などは有料放送ですからそれを違法なB-CASカードで解除して視聴する事は商品を盗んでいるのと同じだから罪になるのだと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる