ここから本文です

那智黒飴は、和歌山県なのですか。

アバター

ID非公開さん

2019/2/815:24:04

那智黒飴は、和歌山県なのですか。

沖縄県だと思っているのですが。

閲覧数:
46
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2019/2/1420:33:04

那智黒

那智黒 (なちぐろ)とは、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町周辺(新宮市、三重県熊野市・南牟婁郡御浜町、紀宝町など)で販売されている名物の黒飴のことである。製造・販売元である那智黒総本舗の本社・工場は東牟婁郡太地町に所在する。

概要

1877年(明治10年)創業。和歌山県を代表する観光土産でもあり、高野山等の門前町でも店先で良く並んでいる。和歌山県以外でも、三重県のJR熊野市駅や大阪府のJR新大阪駅、関西国際空港の売店でも販売されている。「黒あめ那智黒」の商品名で、株式会社那智黒総本舗が製造している。熊野の特産である那智黒石で作られた碁石にちなんだお菓子として生み出された。鹿児島県奄美大島産の黒砂糖をふんだんに使用している。値段も手頃で嵩張らない為、参詣土産として全国の信徒や来訪者が購入することが多い。

また、和歌山県推薦優良土産品に指定されている。

沿革
1877年(明治10年) - 創業。
1942年(昭和17年) - 保存銘菓として農林省の指定を受け、戦時下にも製造。
1955年(昭和30年)12月 - 個人経営より有限会社那智黒本舗設立。
1962年(昭和37年)11月 - 現本社工場が完成。

1972年(昭和47年) - CMの放送を開始、1983年(昭和58年)頃まで放送。話題になり人気を集めた。

1974年(昭和49年)3月 - 株式会社那智黒総本舗として組織・社名共に変更。

1989年(平成元年)5月 - 黒あめ那智黒「第21回全国菓子大博覧会」に於いて名誉総裁賞受賞。

備考
近畿地方[^ 同CMは東海地方でもオンエアされており、関西に劣らず高い知名度がある。 ]では1972年(昭和47年)から1983年(昭和58年)頃までCMが放映されており(思い出のテレビCM)、老婆と黒人がゴーゴーを踊るというインパクトの強さからCMソングを覚えている関西人は多い。

https://www.youtube.com/watch?v=lmM1br9zFSs

那智黒総本舗では、黒飴の他に「黒あめ那智黒」と同じ黒砂糖を原材料に用いた羊羹とかりんとうの製造・販売も行っている。また、過去に九州向けに「薩摩の火」(さつまのひ)という商品名による黒飴も製造・販売していた。

松鶴家千とせが最後に言う「わかるかなぁ、わっかんねぇだろぉなぁ」のセリフも非常に有名であり、当時マネするファンも数多くいた。

「キン肉マン」のキャラクターナチグロンはここからヒントを得て作られた。

関東地方のスーパーマーケット(ダイエー、イオンなど)や、東京・上野にある二木の菓子でも販売している。東京都の八王子市を店舗拠点とするスーパーアルプスでも扱っている。

http://www.nachiguro.co.jp/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E6%99%BA%E9%BB%92

https://www.youtube.com/watch?v=R6-t8SYnFBM

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2019/2/817:45:59

そうですよ、和歌山県です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jak********さん

2019/2/816:05:23

和歌山県です
沖縄と思うその根拠は?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

egi********さん

2019/2/815:43:02

和歌山県です。

那智の黒石が由来です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる