ここから本文です

レオパレス21の建築基準法違反の物件事件は、経営側の悪質なコスト削減によるもの...

dlk********さん

2019/2/819:25:04

レオパレス21の建築基準法違反の物件事件は、経営側の悪質なコスト削減によるものですか?
今後、どの様な悪影響が出ますか?例えば、社員のリストラや夏のボーナス、役員報酬の大幅削減、新卒

予定社員の採用見直しなど。

閲覧数:
394
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ham********さん

2019/2/916:58:41

>レオパレス21の建築基準法違反の物件事件は、経営側の悪質なコスト削減によるものですか?

レオパレス社がどれだけ悪質だったかについて、今の時点では何とも言えないと思います。


一般に、「レオパレス社」のような大手デベロッパーの場合、アパート建築を1棟単位で建築会社と契約することはまずありません。

アパート建築は、ある程度まとまった数(または、地域、期間)で、競争入札によって一番安い値段で入札した業者を選び、その業者と一括契約をするのがふつうです。

この事件で考えられるのは、つぎの3つでしょうね。

〇ケース1:
レオパレス社の入札に際し、何としてもその契約を取りたかった建築業者が、「適法に建築すればコスト割れになってしまう金額で入札」し、独断で、「(違法だが)コストの安い材料、工法を使って、利益が出る金額で建築した」、しかも、「違法建築が行われていることをレオパレス社は知らなかった」、という可能性が考えられます。

この場合だと、レオパレス社は業者に違法行為を指示していないし、しかも、それを知らなかったので、「悪質」とは言えないでしょうね。→ただし、この場合でも、レオパレス社は、発注した側の業者として、現場で違法行為が長期にわたって行われていたことを見逃していた責任を免れません。


〇ケース2:
「違法な建築をすることを決めたのは建築業者だった」が、「違法建築が行われていることをレオパレス社は知っていて、それを黙認していた」という可能性もあります。

この場合、自社が発注した建築工事でずっと違法行為が続いているのに、それを止めずに認めていたわけですから、「レオパレス社は悪質だ」と言われても仕方がないでしょう。


〇ケース3:
「レオパレス社が違法な建築をすることを決め、建築業者にそれを指示した」。「建築業者は違法であることを承知していたが、仕事を失うことを恐れ、行政当局に通報することもなく、レオパレス社の言うがままに違法建築を続けてしまった」という可能性もあります。

この場合だと、「レオパレス社はとても悪質だ」と言えるでしょう。


(あくまで私の推測ですが)、
現実に起きたことは、2番目のケースだったのではないかと思います。
「レオパレス社」からのコストダウンのプレッシャーがあまりにも強かったため、レオパレス21のアパート建築を請け負った建設会社は、経営幹部が、違法であることを承知で安い材料を使うことを決定した。建築会社の社内は、上層部が決めたこと(違法行為)に対し、「これを壁材に使うのは違法です。」と反対することができない雰囲気だったのだろうと思います。

違法行為が建築現場で長期にわたって続いていたこと、レオパレス社にも多くの建築専門家がいたこと、から考えると、「レオパレス社が現場の違法行為をまったく知らなかった」…とは考えにくいです。


>今後、どの様な悪影響が出ますか?例えば、社員のリストラや夏のボーナス、役員報酬の大幅削減、新卒予定社員の採用見直しなど。

倒産も含め、大きな影響が出る可能性があると思いますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「レオパレス 社員」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kut********さん

2019/2/1422:59:27

コスト削減と違法建築を作ることは別問題です。それは建設業法の信義に反する行為です。建設業を名乗ってはいけません

ken********さん

2019/2/921:18:04

中野坂上の本社に招かれまして


あそこには躯体の見本が在りましたので
建設の専門家として
数点助言させて頂きましたが、
設計主任が軽量鉄骨の設計を余りご理解為されて居られない様子でございました。<<<基本的知識が乏しい。

設計主任が
何処の大学で建築を学ばれたのか?



是非とも知りたいと思います。


レオパレスの営業が「この点を教えてください」なんて電話して来た時も在りました。

「設計陣が無知」
これに尽きるような想いが大きいです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

cbn********さん

2019/2/908:21:03

①、経営の価格削減と虚偽発言の経営者が報道関係者を前に饒舌だ。
法的耐火性を求める床や各戸仕切界壁が、準耐火構造で遮音壁の基準

を手抜き欠陥工事は経営者指示で進めた悪質な手抜き工事会社です。
その根拠は物件賃貸棟数の多さと社内建築設計監理者がいることです。

②、会社自体は、お客離れと欠陥建物の保証、賃貸補償や入居者の転
居住宅とそれに伴う補償金がある。経営の赤字以外の影響が数知れて
なのではないかと思う。建築会社の違法削減に良い影響は良い点です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる