ここから本文です

理学療法と作業療法の違いについて

アバター

ID非公開さん

2019/2/922:43:23

理学療法と作業療法の違いについて

理学療法は体のリハビリ、作業療法は心と体のリハビリ、で大まかには合っていますか?

また、理学療法学と作業療法学では大学で学ぶことにどのような違いがありますか?

閲覧数:
45
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sui********さん

2019/2/1519:09:58

理学療法士は主に歩行、足、体幹などを中心にリハビリを行い、作業療法士は手や認知、注意機能のリハビリを行います。
大学の授業では、理学療法学部では主に体全体のこと中心に、作業療法学部では手や、精神関連のことを中心に行うイメージがあります。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/2/1519:28:24

    作業療法士は精神的?なリハビリも行うと書いてあったのですが、主にどんな症状の方のリハビリですか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

reh********さん

2019/2/1113:42:25

愚か者

リハで「いいとこどり(=治る患者、保険点数が多くとれる患者)」をしてドヤ顔してるのが理学療法
理学療法の効果じゃなく、もとから治る患者を選別して扱ってるだけ

理学療法からの「おさがり」の精神科疾患や認知症しか扱わせてもらえず自己肯定に必死になってるのが作業療法
「手」とかいう理学療法と作業療法の区別に何の関係もない領域をもらって、ガス抜きしてるのも作業療法

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる