ここから本文です

門前逮捕について教えてください。 僕の友人が3ヶ月前に傷害事件で逮捕され ...

wai********さん

2019/2/1015:25:14

門前逮捕について教えてください。

僕の友人が3ヶ月前に傷害事件で逮捕され
その後の裁判で執行猶予付きの判決を受け
4日前の午前中に拘置所から出所しました。
けれど拘置所の敷地から

出て3分足らずで
待ち構えていた刑事に覚せい剤使用の罪で
逮捕され警察署に連行されてしまいました

後で知り合いを通じて分かったのですが
傷害事件の聞き込みや捜査をしてるとき
覚せい剤使用が分かったのだそうですが
傷害事件の取り調べの際には全く触れず
今回の門前逮捕になったということです

こうした傷害事件の捜査段階で
覚せい剤の使用が分かったのに
取り調べなどでは全く触れずに
門前逮捕というやり方について
みなさんはどう思われますか

また今回の覚せい剤の使用が
量が少なく初犯だった場合は
執行猶予になるのでしょうか
それとも実刑となった場合は
傷害事件の判決と合算されて
服役になってしまうのですか

ご回答よろしくお願いします

閲覧数:
103
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

krs********さん

2019/2/1708:27:28

保釈後別件で再逮捕はよくありますよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nul********さん

2019/2/1407:03:05

確実に実刑になるでしょうね。

傷害罪の執行猶予は取り消されますし、
そうなれば覚せい剤使用に執行猶予もつかないでしょう。

確かに理不尽に思えますが、
実はコレはそのお友達の自業自得です。

というのも、
逮捕されて勾留されている時は
その被疑事実の取り調べしかすることができません。
別件の取り調べは固く禁じられているので
警察からその事件について触れることはできないのです。

もちろんそれとなく自ら告白するよう促すこともありますが、
それは警察の義務ではないですし、
頑なにしらを切り通されればそれまでです。
逮捕するに十分な裏付けが傷害事件の手続きの内にできていれば
再逮捕することもできたでしょうが、
そうはならなかったということでしょう。

一度判決を受けてから
別の事件で逮捕されて起訴されるのは最悪のパターンであり、
殆ど額実に実刑になります。
二重の執行猶予が法的に不可能というわけではないですが、
例は少ないです。

こうはならないように
警察が勘付いてる余罪については
ちゃんと白状しておかないといけないものなのです。
聞かれなくても自分で上申することはできます。

もし傷害事件の裁判に追起訴を言う形をとられていれば
実刑を回避できた可能性は高かったと思います。
薬物の初犯は執行猶予がほぼ確実に付きますしね。

ちなみに、
判決前にちゃんと白状していれば、
警察・検察は追起訴せざるを得なかったです。
わざと判決を待って起訴してこのように理不尽に長い刑にするということは
実際にはできません。
理不尽に被告人にフリになるような手続きの起訴状は
裁判所に受け付けてもらえないので事実上起訴が封じられます。

nan********さん

2019/2/1118:32:04

門逮は、警察が精神的に詰める時にやる手法です。
いずれにしても起訴されれば、合算されて微妙なラインですね。
結局警察は末端使用者の検挙をきっかけに、入手先の突き上げ捜査が目的です。
それにしても、余程ご友人は警察に恨まれているか、あるいは上に捕まえたい人物がいる様ですね。
参考迄に

foa********さん

2019/2/1022:26:10

2刑の合算になります。

pap********さん

2019/2/1015:40:51

あくまでも傷害事件とは別ですので、別件逮捕と成ったり覚せい剤の捜査の為の拘留期限を目一杯取る為にはこのようにしなければならなかったのでしょう。

勿論別の話ですので、合算されてしまうでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる