ここから本文です

日本国籍を持つものが、カナダで大麻を利用しても国内法で処罰されるそうですが、 ...

xyz********さん

2019/2/1106:23:46

日本国籍を持つものが、カナダで大麻を利用しても国内法で処罰されるそうですが、
日本に永住権を持っているカナダ人がカナダに帰国した時に大麻を利用したらどうなるのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
158
回答数:
11
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

spe********さん

編集あり2019/2/1122:55:40

現在の大麻取締法は国外の所持も禁止しており、対
刑法2~4条以外に国外に効力を持つ珍しい法律です。
ほとんどの国内法は国外では日本人であっても適用外ですが、上記法律は国外に効力を持ちます。
とは言え、実効性があるかというと別の話で、実際問題カナダでカナダ人が大麻を使っていてもまあ捕まることはほぼないかと。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「大麻 どうなる」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

itt********さん

2019/2/1310:23:59

>大麻の吸引は違法ではないんですよ、以外でしょw

デタラメです。大麻取締法第三条、第二十四条の三により、大麻を所持したり使用したりすると、五年以下の懲役に処されます。
所持せずに、使用せずにどうやって吸引するんだ?

大麻を所持していたアホが逮捕された。大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕

交際相手をエレキギターで殴って重傷を負わせるなどしたとして、警視庁品川署が、東京都練馬区、職業不詳の男(25)を傷害と大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕したことがわかった。逮捕は10日。


大麻取締法
(昭和二十三年七月十日法律第百二十四号)

第三条 大麻取扱者でなければ大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない。
2 この法律の規定により大麻を所持することができる者は、大麻をその所持する目的以外の目的に使用してはならない。

第六章 罰則

第二十四条 大麻を、みだりに、栽培し、本邦若しくは外国に輸入し、又は本邦若しくは外国から輸出した者は、七年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び三百万円以下の罰金に処する。
3 前二項の未遂罪は、罰する。

第二十四条の二 大麻を、みだりに、所持し、譲り受け、又は譲り渡した者は、五年以下の懲役に処する。
2 営利の目的で前項の罪を犯した者は、七年以下の懲役に処し、又は情状により七年以下の懲役及び二百万円以下の罰金に処する。
3 前二項の未遂罪は、罰する。

第二十四条の三 次の各号の一に該当する者は、五年以下の懲役に処する。
一 第三条第一項又は第二項の規定に違反して、大麻を使用した者
二 第四条第一項の規定に違反して、大麻から製造された医薬品を施用し、若しくは交付し、又はその施用を受けた者
三 第十四条の規定に違反した者
2 営利の目的で前項の違反行為をした者は、七年以下の懲役に処し、又は情状により七年以下の懲役及び二百万円以下の罰金に処する。
3 前二項の未遂罪は、罰する。

les********さん

2019/2/1223:00:49

日本は永住権とは呼びません。大臣が許可する永住許可です。何年かに1度更新(在留カードの手続き)も必要なもので、1回とったからといって権利主張の裁判おこしたりもできません。

kaz********さん

2019/2/1222:44:20

甲南大学法科大学院の教授で弁護士の園田寿氏(66)によると、日本人がカナダで大麻を購入、所持したとしても、カナダ国内でそれらの行動が完結しているならば、「帰国後に大麻取締法が適用されることはないと考えるべきです。」と話しています。また、その根拠や理由を下記のように説明しています。

「大麻取締法には、国外で大麻の栽培、所持や譲渡などの罪を犯した場合であっても、大麻取締法の適用を認めるという規定(以下,国外犯規定)があります。

国外犯規定は通常、処罰することが国家間で共通の利益となるような犯罪(ハイジャックや戦争犯罪、麻薬犯罪)に対して設けられています。

大麻取締法に、国外犯規定を設けることで、大麻の取り締まりが国家間の共通利益になると考える日本が、相手国と協調して大麻の取締りに当たるという決意を表明しているのです。

しかし、大麻が合法化されたカナダとは、大麻の取り締まりに関する共通利益は無くなります。

それでも大麻取締法が適用されるようになるのであれば、カナダ在住で大麻を合法的に栽培、所持、使用しているカナダ人が、日本へ観光や留学で訪れた場合、仮に彼らが日本に大麻を持ち込んでいなくても、栽培、所持している証拠さえあれば、大麻取締法違反で逮捕することが可能になってしまいます。

実際に娯楽用大麻を合法化しているカルフォルニアやシアトルなどで大麻を所持したとして、帰国後に日本人が処罰されたケースは全く聞いたことがありません。もちろん日本国内に大麻を持ち込むことは大麻取締法違反の対象になります。」

と園田教授は述べています。
こちらにもっと詳しく載っています。
https://marijuana.jp/is-japanese-arrested-abroad/

bak********さん

2019/2/1217:45:11

大麻の吸引は違法ではないんですよ、以外でしょw
罪は不法所持、要するに持ってるのが罪で、現行犯以外は逮捕出来ないです。
そこが覚醒剤と違うところで。

で、実際、害もタバコや酒よりも低いので外国では合法化の方向です。
警察もそう思ってるので、罪が覚醒剤と大麻では一線を画してるんですよ。

map********さん

2019/2/1215:55:47

大丈夫ですよ!
日本国籍でカナダに住んでいます。
マリファナが合法化された時に大使館からメールは来ましたが、
カナダでは合法だけど、貴方は日本人なんだから自覚もってねー

みたいな感じの内容で、やったらダメです。って事は書かれていませんでした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる