ここから本文です

トラクターのメンテナンスとして、長期間使用しない場合でも時々エンジンをかけて...

cgs********さん

2019/2/1113:50:22

トラクターのメンテナンスとして、長期間使用しない場合でも時々エンジンをかけてやった方が良いですよね?

閲覧数:
63
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jng********さん

2019/2/1220:06:03

次の使用期間まで半年以上空く場合は、4ヶ月に1回くらいの頻度で10数分エンジンをかけることをお勧めします。

エンジン回転はアイドリングより高めでバッテリーの充電も兼ねて。

バッテリーの消耗が少なければ充電はその程度で良いかと思います。
セルの回りが弱くなってきたなど実感があれば、定期的な充電器での充電をして下さい。

エンジンをかけるついでですが、トラクターを長持ちさせる方法として、油圧シリンダーを動かす事が有効です。
例えば、全油圧式パワステや3点リンクのシリンダーを両端まで可動させる。

そうする事で、微量のオイルがシリンダーロッドに付着し、サビ予防や乾燥によるオイルシールの磨耗を防ぐ事ができます。

停止状態でパワステの全切りはタイヤに良くないので、微速で動かしながら行ってください。

また、3点リンク昇降シリンダーは最下部に下げておいてください。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

obo********さん

2019/2/1220:46:12

北海道の農家です。
我が家では冬季間冬眠させます。ほとんどのトラクターは11月から3月まで一度も火を入れない。厳寒期の始動はオイル循環に時間が掛かるのでドライスタート以上に良くないと思っている。
バッテリーは端子外して満充電しておく。
水分が結露してオイルシールとシャフトが凍り付いている事も有るので不要なトラブルになる。
除雪に使うトラクターはヒーターでオイルパン温めてから始動する。

こんな使い方してるけど50年近く使ってるMF135や165も現役で、春には一発で掛かる。

麦用の大型コンバインに至っては使うのは1週間だけでそれ以外は眠ってる。麦刈り予定の2週間前にディーラーが整備していくので11か月は全く動かさない。

tak********さん

2019/2/1218:19:25

トラクターもクルマと同じエンジンだからオイル下がりするからピストンのオイル切れを防ぐためにエンジンはある程度回してあげたい!
バッテリーは3か月に一度は充電器で充電!
短時間のエンジン始動では充電されない!

kyo********さん

2019/2/1113:53:12

車は皆そうですが

とめていると 油が下方に流れます
従って 1週間に一度エンジンかける・・・・・と本に書いています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる