ここから本文です

投資信託でひふみプラスを購入したのですが、基準価格も上がらず、配当もないため...

man********さん

2019/2/1208:34:50

投資信託でひふみプラスを購入したのですが、基準価格も上がらず、配当もないため儲かりません。ひふみプラスで儲かっている人はどうやっているのですか。

補足結局は投資信託も、株と同様に売り買いで利益を出していくものなのですか?

閲覧数:
3,382
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaz********さん

2019/2/1604:08:15

この投信、信託報酬が1%と高いです。つまりほぼ毎日、年1%を運営側に抜かれるから、最近主流の低コスト投信(0.2%~0.16%)と長く持てば持つほど差をつけられてるようです。投資対象も米国大手企業が主力になってきており、あれなら、低コストの米国株インデックス投信に勝てないでしょう。投信を長期保有するなら、信託報酬が低い投信をお選び下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ひふみプラス」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kin********さん

2019/2/1323:33:13

株と同様に、

買い時 売り時はあります。

kkk********さん

2019/2/1304:48:26

資産運用で利益をとるには、特定にファンドにたよることではないです。
もちろん購入したあとに指をくわえて眺めず、投資を追加しておくことも運用ですから、眺めているだけよりも大きくふやせるわけです。

下がれば大きく口数が買えますね。ファンドの騰落率以上の事が用意にとれます。
積立以外には、常に投資する体勢が増やす秘訣です。
売り買いはダメだなんて法則はないです。運用には個人差が出ます。
途中で売ってもいいですし、また買いながら資産をより増やしていくことが可能です。

運用はプロの結果ですが、投資による運用をするのは個人です。
長期保有すべきだから買ってから数年なにもしないことも選択ですが、星の数ほど運用できるのですから、運用の基本を実行するのは個人です。

リスクに幅を持たせて、その時々で投資することです。

ファンドが分散して運用していても、家計の対策として資産クラスを変えて投資をしたり、時間分散してやったりと、個人でできることがたくさんあるから、資産運用になります。

よく見る情報がコストだの非課税だのノーロードなどありますが、重要なのは、リスクの取り方と、コスト以上に取れる運用方法。
難しいのならコツコツと積み立てていく方法も効果を発揮しますよ。

基準価格が上下しようが、ずっと上がり続けたり逆もあることは当然で、半年後に大幅に下落していたら、さらに投資する、状況により資産クラスを分けて投資するなり、例えば大きく金価格が上昇したり新興国での益が得られる時間はたくさんあったわけですから、より大きく運用できる時間や未来は無限です。

評価損益があるのは当然ですが、運用によって長期で運用益を確保していけるのも
必然です。損得勘定やコストが運用ではなく、家計の運用の旅先も時間もお金の使い道も自由です。滞在することも移動することも自由。

人気にある観光地でも廃れるりすくはあるように、それでもいくのも自由。
面白く楽しく運用することで、成長します。

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2019/2/1213:31:44

>投資信託で「ひふみプラス」を購入したのですが、基準価格も上がらず、配当もないため儲かりません。

「ひふみプラス」は日本株(一部米国株)に投資するファンドです。

日本株(日経平均株価)が10月2日の2万4200円から現在の2万800円台まで15%も下落していますから、「ひふみプラス」の基準価格は上がるどころか、下がる一方です。
日経平均株価が下がってるのに、逆行して値上がりする(日本株)投資信託なんて無いのですよ。

<配当が無い」と書いていますが、投資信託には配当はありません。
「分配金」と言う概念はありますが・・・しかし、分配金を出すのは好ましくなく、分配金=儲け、というのは間違った認識ですよ。

>ひふみプラスで儲かっている人はどうやっているのですか。

購入時期が早かった方々はプラスですよ。

TVに取り上げられて何も考えないで購入したミーハー投資家は皆さんマイナスです。
https://www.rheos.jp/plus/about/value.html

bac********さん

2019/2/1212:50:57

>ひふみプラスで儲かっている人

ひふみプラスの基準価額の変動はは万人に同じですから特定の人だけが儲かるという
からくりは無いのですが
利益(儲け)はたった2点の基準価額だけで決まります。
買った時の基準価額と今という売る時の基準価額の差だけです。
従って,今安い状況でも過去のそこかで低い基準価額の時に買っていた人は
儲けることが出来るというわけです。
例として 2018年12月24日(基準価額3万円ほど)に買った人は
数カ月後の最近に売れば3.5万円ですので,1割くらいは儲けを出す事が出来ます。
要は上がり続ける必要は無く上がったり下ったりする波をうまくとらえれば
その波で儲けることが出来るわけです。
要は買うタイミングと売るタイミングが重要なだけです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

g3g********さん

編集あり2019/2/1215:16:47

儲かったのは、数年前の安い時期に購入した人でしょう。
景気に逆らって利益がでる様なものでは無いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる