ここから本文です

生命保険料控除について

アバター

ID非公開さん

2019/2/1215:00:51

生命保険料控除について

税金関係に詳しい方、お答え願います。

生命保険料控除等を利用すると、「実質負担無料で保険に入ることもできるため、入っていない人は損」という考え方はあっていますでしょうか。

様々なケースが考えられると思いますが、
一般的な会社務めの年収400万円ほどをモデルにご回答願います。

生命保険を契約していない場合、保険料控除も受けられないので、その分が無駄になるという考えはあっていますか。極端な例ですが、生命保険料を年20000円払込んでいる場合、その全額が所得から控除されてるので、その分の所得税が安くなるだけで、実質無料というのはおかしいと思うのですが、どうでしょうか。

閲覧数:
139
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ter********さん

2019/2/1216:31:55

例えば、生命保険を1年で10万円払ったとすると、認められる控除が4万円、それに税額を掛けると、税率5%で2000円所得税が安くなる、税率10%で4000円所得税が安くなる。

なお、年収では、税率は決まりません。いろいろな控除が関係します。

ちなみに、控除がほとんどないなら10%、高校生・大学生・専業主婦・同居老人等いると、所得税が0円もあり得ます。所得税が0円だと、生命保険に入っても、税金は返って来ません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「生命保険」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pen********さん

2019/2/1218:17:33

合ってるわけは無いです。
愚かな間違いです。
年収なんかどうでもいい事です。

人に聞いたのなら、その人を思いっきり軽蔑しましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる