ここから本文です

教科書に、オーストリアのハプスブルク家がネーデルラントを獲得したと書いてある...

アバター

ID非公開さん

2019/2/1317:58:15

教科書に、オーストリアのハプスブルク家がネーデルラントを獲得したと書いてある一方、その後に、オーストリア系とスペイン系に分かれたと書いてあり、ネーデルラント(結局独立しましたが)はスペイン系のフェリペ二

世が支配したと書いてありました。なぜ支配したのはオーストリア系ではないんですか?

閲覧数:
33
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ume********さん

2019/2/1523:14:55

カール5世(分裂直前のハプスブルク家当主)の両親が所有していた領土がスペイン系、祖父が所有していた領土がオーストリア系に、と継承されたからです。

ネーデルラントは元々ブルゴーニュ女公マリー(マクシミリアン1世の妻)の所領であり、マリーの死後は嫡男であるブルゴーニュ公フィリップ4世に継承されました。
そして、フィリップ4世の死後、その嫡男であるカール5世に継承されたわけです。
系譜としては
→マリー[→フィリップ→カール]
となります。

また、スペインの領土(アルゴン・カスティリヤなど)はカール5世の母親であるカスティリヤ女王フアナ(アルゴン王とカスティリヤ女王の子)経由でカール5世に継承されています。
アルゴン:→フェルナンド2世[→フアナ→カール]
カスティリヤ:→イザベル1世[→フアナ→カール]

一方、ハプスブルク家元来の領土であるオーストリア系の領土はフィリップ4世には継承されず(継承前にフィリップが死去したため)、祖父の神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世から直接カール5世に継承されています。
つまり、
→フリードリヒ3世→[→マクシミリアン→カール]
なわけです。

カール5世は引退時に所領を嫡男フィリペ2世(スペイン系)と弟フェルディナント1世(オーストリア系)に分配したわけですが、このとき両親から継承した領土[→フィリップorフアナ→カール]をフィリペ2世に、祖父から継承した領土[→マクシミリアン→カール]を弟に分配しています。
そのため、父親から継承したネーデルラントは過去に「オーストリアのハプスブルク家」が獲得した土地ではありましたが、スペイン系であるフィリペ2世が支配することになったのです。

ちなみに、スペイン系は女系(フィリップ4世は国王としてではなく王配として婚姻しているため)と言えなくもないため、ある意味ではハプスブルク家ではなく、トラスタマラ家(フアナの家)だと言えます。
よって、カール5世の後のハプスブルク家分割は

[ハプスブルク家]
→マクシミリアン1世→カール5世→フェルディナント1世→

[トラスタマラ家]
→フアナ→カール5世→フィリペ2世→

という2系統の血筋が交わって離れていっただけとも取れます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sa3********さん

2019/2/1320:08:58

スペイン王になったカルロスは祖母の故郷であるフランドル地方で生まれ育ったからでしょう。

弟のフェルナンドはボヘミア・ハンガリー王の王女と結婚してオーストリアを継承しました。

つまり西方はカルロス、東方はフェルナンドの版図。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる