ここから本文です

大型車がハブから出火してあちこちで火災になって消防署が忙しいそうです。

アバター

ID非公開さん

2019/2/1417:12:02

大型車がハブから出火してあちこちで火災になって消防署が忙しいそうです。

火災になると消防署の職員や警察などで出火原因を調査するそうですが大型車の火災の原因でハブからの出火では原因は整備不良で100%間違いない。
ですけどそんな場合整備工場に警官や消防署からの立ち入りや強制捜査はないんですか。
出火した原因はハブのグリス交換をさぼった整備士が100%原因なんですから。
出火の原因を作ってもなにもないんですか。
でもオーナーから「ハブのグリス交換などするな、安くやれ」って言いつけられたらそりゃ責任があるかどうかわかりませんけどね。
でもそんな整備したら火災になる可能性を知っててやったらやっぱり責任あるのじゃないんでしょうかね。
それが通るなら上司の命令で強盗やっても命令だから実行した部下が無罪なんかになりませんし。
でしょう。

閲覧数:
86
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2019/2/1417:54:36

あれ、大変な作業で毎年車検の時にバラしてグリス塗り治しをしてたら車検が何日かかるか解らない。タイヤとホイールを外さないで穴から覗いてブレーキシューの残量をチェックするだけの所も実際ある。もっと恐ろしい話しはブレーキチャンバー。3万キロで交換かな?で、交換してる車なんかほとんどない。あれが飛んでブレーキ引きずって引火もある。ディーラー自体が忙しくて車検修理が追い付かず民間車検場に依頼をしてる状態。でも民間車検場も人手不足や忙しくて全て徹底的に出来ない。あまりニュースにならないけど新車でさえ何度も何度もあちこちリコール。走行距離が多いのはどこかしら爆弾を抱えて騙しながら走ってる車も。タイヤは基本、履きつぶしなのでギリギリまで履く。運賃、燃料費、高速代、車庫代、保険代、人件費、その他経費。どこの運送屋さんも大変なのが現実。かと言って手抜き整備が許される事ではありませんが。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ae8********さん

2019/2/1517:15:50

大型の運転手を引退してから6年になりますが 今時 そんな車検整備を行っているんですね 昔 三菱ふそうがやらかしたフロントハブの件から懲りてないと言うかなんと言うか・・ ふそうはリアハブもリコール対象になっていましたが ハブのテーパーローラーベアリングのグリース交換をしないどころか リアドラムも外さんとは ペーパー車検レベルでしょ

tie********さん

2019/2/1517:15:21

トラックのタイヤ付近からの出火は
整備の不備よりも、日常点検や定期点検などを適正に行っていないことによるブレーキの過熱のほうが圧倒的に多いと思います。

こちらで、年別・車種別・装置別の火災発生情報が検索できます。
↓↓
http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/cgi-bin/accidentsearch.cgi

bc5********さん

2019/2/1418:09:17

ハブグリスの交換なんて簡単だったと思うけど・・
もう30年も前の事なので今は違うんですかね・・・?

私が整備士やってた頃は
ベアリングはペール缶みたいなのの上に載せてグイっとレバーを下げるとベアリングにグリス注入されて、古いグリスが排出されてましたけど。

ハブ側は手ですくって、新しいグリスと入れ替えてました。

今はそんなベアリングは使ってないのかな。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる