着物、帯の保存方法について、お尋ねいたします 昔は、桐のタンスが一番と言われていましたが、最近では、住宅事情が変わってきたこともあり、桐のタンスが置けないせいか、洋服収納ケース(フ

着物、和服478閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

明確なご回答を、ありがとうごさいます。 2点ほど、教えていただけたら幸いです。汚れが、厳禁なのは、重々承知ですが、絹の良い着物であればあるほど、着るたびクリーニングに出すのは、生地や、金箔、刺繍が痛みそうで躊躇われます。 シミ取りだけでは、汗汚れなどは、残るでしょうし。 皆様は、どのようにされているのでしょうか? たとう紙は、洋紙になったから、よくないようですが、やはり、何かに包みたい(挟みたい)気持ちがあるので、例えば、習字に使う、和紙(洋紙でないもの)など代用はどうでしょうか? まめに取りかえる必要がでますか? 湿気をためないためには、やはり紙類は入れない方がベターでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さまより、とても丁寧なご回答をいただきました。 なかでも、明確で、さらなる質問にも、わかりやすく、お答えいただいたので、ベストアンサーに、選ばせていただきました。

お礼日時:2019/2/17 23:27

その他の回答(3件)

0

私も密封方プラケース。 遮光のためにクローゼットや押し入れの奥に入れています。 ベッドの下はけっこうサイドがヤケてひどいことになるので 他の方が書いているよう遮光カーテンなどで 覆った方が良いです。 フィッツはたぶん密封でない引き出しですよね? 私はあまりオススメしないです。 帯揚げ帯締めの収納なら、まぁ仕方ないですが 長着と帯は密封と遮光が出来ているかどうかがカギで、 10年後20年後に全然違ってくる、 というのが私の30年の着物生活での実感。 密封プラケースを複数買って、 ◆正絹クリーニング済み、 ◆正絹シーズンで着用中 ◆ウール着用中 ◆洗濯済みのウール・木綿 と少なくとも4分類にしたほうが良いです。 で、もしもフィッツを使うなら 正絹の着用中で あと1~3ヶ月くらいで絶対にクリーニングに出すもの あとは木綿着物や浴衣ですね。 ウールはクリーニングしてあってもやられるときはやられます。 あと、フィッツは密封ではないので 引き出しの中の防虫剤とクローゼット全体の防虫剤を 同じものにしないと、防虫剤同士が効果を打ち消しあったり 悪くすると溶け出したりしますので注意して下さい。 相性の悪い防虫剤はホントに服を茶変させます。 たとう紙はクリーニングしたら新しいものが来ますし とにかくこまめに変えるか、使わない。 プロの方によると 一度でも床に広げたたとう紙は保存用の棚に入れない、 くらいの気持ちでいたほうがいいそうです。 家の床は相当きれいにしているつもりでも 外から持ち込んだ花粉や虫が落ちているそうです。

遮光の、重要性については、あまり、かんがえたことありませんでした。 また、4種類の分類、防虫剤.たとう紙の扱いについても大変参考になりました。 詳しく、丁寧なご回答を、ありがとうございました。

0

「防虫・防湿・遮光」が揃えば、正直何でもいいです。 特に着物で怖いのはカビとヤケ(正絹は虫食いはほとんどないので) プラケースだと除湿シートは100%力発揮できますし(密閉するから)、上に遮光カーテンでもかけて置けば文句なし(蛍光灯でもやけるので) 桐たんすがいいというのは本当ですが、昔ながらの国産桐で作った密閉性の高いもののことですよ。 引き出し閉めたら別の引き出しが飛びだすようなやつ。 現在安価で売られてるものは外国産の桐。私が使ってるのもこれです。 海外で育った桐は日本の気候にそぐわないので、効果がイマイチなんだそうです。 現に、上記したような引きだしの飛び出しなんてありません。 隙間が常にあります。 ウールや木綿に関しては、洋服と同じです。 虫が好むので、防虫剤必須。絹とは分けて入れましょう。

防虫、防湿については、たしかに、密閉するのが良いとは、想像できますが、絹など、天然素材のものは、通風が必要だとおもっていたので、桐のタンスでも、「引き出しが飛び出す様なのが良い」と、言われている理由を、理解しました。 今使っているタンスは、「引き出しが飛び出す様な」の、ですが、引き出しの開け閉めが重くて、大変です。 一長一短ですね。 丁寧且つ簡潔なご回答、ありがとうございました。

0

ID非公開

2019/2/15 8:26

私は桐の四段収納ケース車輪付きをクローゼットに入れて保管しています。 お値段もそこまで高くはなく、軽く移動できるので、車輪が付いているものがオススメです。 楽天などで検索すると沢山出てきますが、レビューの良いものを選ぶと間違いはないかと思います。 ちなみに、ウールは虫が付きますので、防虫シートなどをのせて、正絹のものとは分けて保管が安心です。