ここから本文です

看護大学生2年です。 私は1ヶ月まえに基礎看護学の実習を終了しました。初めて...

アバター

ID非公開さん

2019/2/1511:11:49

看護大学生2年です。
私は1ヶ月まえに基礎看護学の実習を終了しました。初めて受け持ちをさせていただきました。この実習で看護師に向いてないのではないかとずっと心の中で悩みがあります。

実習最終日に、先生に「今回の実習ずっと思ってたんだけどあなたは引っ込みの性格があるからこれからの実習ではやっていけるの?」と言われました。患者さんに不安といわれどこまで介入すればいいのかなんな不安ですかとまでは聞けたもののその先は?と言われてしまいました。患者の気持ちに寄り添えてないと思うとも言われてしまいこんな自分がなってはいけないのかと思いました。
カンファレンスでも司会とかあまりやらないのですがしたりとこの実習で多く学んだことはありました。意見も少しでも言えるようになったかなとプラス面で考えましたがあの最終日の言葉がなかなか引っかかって…
どのように対処すれば前を向けますか。

閲覧数:
713
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2019/2/1611:15:24

私も引っ込み思案で、最初の実習ではコミュニケーションだって沈黙ばっかりでした。
もう6回も実習を終えましたが、未だにコミュニケーションを課題に挙げています…
ですが回を重ねるごとに、患者さんに寄り添うとはどういう事か、こちらからどのように声をかければ良いのか、などいろいろ見えてきます。
まずは自分の殻を破って一歩前に出てみる事です。頭で考えることはもちろん大切ですが、それを思い切って行動に移してみましょう。
ちなみに私は前回の実習で、患者さんが移乗するときに声かけをしないのは危険だと言われました。(2回も)声かけをしようか迷っている間に患者さんが動いてしまう為、結局頭の中で言おうか言わないかオドオドしてる間に移乗が終わってしまう、という場面が何度もありました。
なので数日後からは移乗時の声かけの方法について具体的に挙げてその日の目標にも設定し、目標を達成するために声かけをせざるを得ない状況を作りました。
そうすることで日々声かけをすることが出来るようになり、引っ込み思案な性格から一歩抜け出せることが出来ました。

実習はこれからもたくさんありますし、そこから学ぶこともたくさんあります。自分の性格を見つめさせられ嫌になることも多々あります。
ですがその度に必ず成長し、不十分な看護学生から一人前の看護学生へと階段を登っていきます。実際に意見も言えるようになってきたんですよね?素晴らしいと思います。
なので今回の件について考え過ぎず、目の前の事を一つ一つ乗り越えていけるように頑張りましょう!

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/2/1621:42:22

    今まで自分から意見を言ったり、指導者にとっさに最後の言葉どうぞと言われ意見や言葉を少しでも言えるようになりました。でもまだまだ成長したいと思います。
    一歩前に出ることが大切ですよね。なかなか殻を破れないので。出来るようになりたいです。
    目標であげては無かったので参考になります!私も最初のケアでオドオドして注意されたことはありましたが次の日も行なって前日に準備したおかげで出来ました。

    色々すごく参考になります。丁寧に回答ありがとうございました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bew********さん

2019/2/1601:51:23

看護大学の二年生ですよね?まだ基礎看護実習なんですよね?
その段階なら患者が不安な気持ちや問題を抱えていることを感じ取れた、聞き出せただけでも十分だと思います。その先として問題をあげ、看護介入を考えるわけですが、不安という原因が人それぞれでさらに漠然としている可能性がある問題に対して臨床経験のない学生が、情報収集や関わりを行なってスラスラと介入案を考えられる方が逆に怖いです。

引っ込み思案といっても、はじめて実習で患者を受け持って、緊張もあったと思います。そんな中でどう関わっていいかなど迷いながら実習をされていたのではないでしょうか。なかなか関わり方などわからないことだらけだと思いますが、そういう時は思い切って教員に相談してみてもいいかもしれません。
なかなか行動に移すことは難しいですが、教員に相談など自分の迷ってることに対して、なんらかのアクションを起こさないと、そこで引っ込み思案と評価されて、患者さんに関われないと教員としては寄り添えてないんじゃないかと思ってしまうこともあるかもしれません。
でも、あなたに寄り添おうという気持ちがないとは私は思いません。そうでもないと不安なんて問題は上がらないでしょうから。
ただ入院患者は、みんな病やこれからのことなど明確だったり漠然とした不安は抱えているものです。それ以外の疾患などの健康問題などに寄り添えていたかどうかも教員は言いたかったのではないかなーと私は勝手に想像してしまいました。(これも知識や経験の未熟な学生さんがパーフェクトに行えることではないので今出来てなくても看護師に向いてないとかそういうわけではないですよ)

あなたは自分の苦手なポイントを知ることが出来たということ、そして意見も言えるようになったとプラスに考えられる学びも多くあったということから良い実習だったと言えるのではないでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aka********さん

2019/2/1601:49:58

看護専門学校3年生です。
場数を踏むことです。
まだ基礎実習が終わった頃ならできなくて当然です。やっていこうと思えているので、どんどん行動に移せば必ず力はつきます。先生から言われは言葉に、完璧にできることを求めるのではなくそのためのプロセスを考えなさいという言葉がありました。
コツコツコツコツ力を伸ばしていってください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

wat********さん

2019/2/1512:46:47

看護学性が実習の時点で、ベテラン看護師ほどの能力を発揮することはほとんどありません。

なんらかの問題や課題を抱えて、実習をおくります。

先生の発言は、「引っ込み事案の性格を直したら看護師としてやっていける」ということだと思います。
それ以外(基礎学力、優しさ、器用さ、精神的強さや冷静さなど)はOKということなので、そのことを考慮して、少しずつ変えていけばよいと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる