ここから本文です

「無権代理行為が有効になる」とは表見代理が成立することと同じことでしょうか?

via********さん

2019/2/1622:20:02

「無権代理行為が有効になる」とは表見代理が成立することと同じことでしょうか?

閲覧数:
34
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ant********さん

2019/2/1803:22:05

表見代理は本人と無権代理人との間に一定の関係性があるために本人に責任を負わせることが出来る制度ですから無権代理の追認とほぼ同じ効果になります

細かい事を言えば表見代理は要件付きで(①先立つ基本代理権の授与と②私法上の行為であること最高裁判例。)権限外の行為が出来るのに対して無権代理は追認された行為以外は有効になりませんから

成立後の有効範囲が異なると言えるかもしれません

ちなみに無権代理行為として履行賠償請求するか表見代理行為として責任を負わせるかの選択は相手方は自由に出来ます。相手方保護のための独立した権利であるため学説

質問した人からのコメント

2019/2/22 01:12:53

なるほどです!似てるけれど違うんですね!
詳しく教えてくださり本当にありがとうございました!(^^)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mis********さん

2019/2/1622:25:34

本人が追認した場合などにも、無権代理行為は有効になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる